上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
もう一ヶ月近く前の話を今更。(もう一つのブログには載せたんですが)
03月20日(土)大阪での公開生放送のラジオにロザンの宇治原くんが出演して
一部分がネットで聴けるんですがここをアップして!
と思っていたところが見事にアップされたので
2分ぐらいの短いものでしたが文字起こしを勝手にさせていただきます。
もう少し話がふくらむと良かったけど生でお便りに基づいて進めるので仕方ないかなと。

出演者:あいはら(メッセンジャーあいはら)・六車(六車奈々)・ゲスト宇治原

この日のテーマは「1億円あったら」
大学生と高校生の息子さんを持つお母さんからのお便り

六車『今日開幕のパリーグ試合の観戦のため京セラドーム大阪に行っています。』

あいはら「そっか今日から開幕か。」

六車『大好きなオリックスバファローズの応援をしているのですが
先日スポーツ新聞に来年からチームの名前が変わり
バファローズがなくなると報じられていました。』

宇治原「うそ~~。」

六車『1億円で足りるのなら是非バファローズの名前を残してほしいと切に願っています。』

あいはらえっ?オリックス何になるんですか?」

宇治原「まだ…あっ募集するの?」

あいはら「ついにバファローズの名前も消えてしまうんだ。」

宇治原「へ~~。」

あいはら「え~~~~~~~~~~~。」

あいはら・宇治原「悲しいな~~~~。」

あいはら「そうですか。かなり反対の声もあるんですけど
違うチームに生まれ変わったわけやから建設的なことを言えば新しい名前を募集して
みなさんに愛されるチームを一から作っていこうと。」

六車「そういうことですよね。」

あいはら「まあでも寂しいよね。」

宇治原「寂しいですよね。」

あいはら「藤井寺球場はボロかったな~。」

宇治原「あ~。」

あいはら「でも味があったわ。日生球場もね。ちっちゃかったな。日生球場。」

宇治原「はははは。」

あいはら「ほんとに。行ったことありますか?」

宇治原「いやないですね。」

あいはら「野球みたいなことって人を応援したりするのってあんまり好きじゃないの?
宇治原さん。そうでもないんですか?」

宇治原「あいはらさん。何故そんなこと言うんですか?
僕は大好きです。スポーツ大好きですよ。」

あいはら「ここに大阪球場があったんですよ。」
(※放送場所のなんばパークスは大阪球場の跡地にあります)

宇治原「あっここね。南海の。」

六車「そうだそうだ。なんばパークスのね。」

あいはら「ちなみにどこのファンですか?」

宇治原「僕広島です。」(即答)

あいはら「あ~~。」

宇治原「僕広島育ちなんで。」

六車「へ~。」

あいはら「あっなるほど。」

宇治原「だから熱狂的ですよ。野球はわりと。

あいはら「お~そうですか。」

宇治原「カープファンとしたら。

あいはら「あの前田選手。」

宇治原「はいはいはいはい。」

あいはら「ピッチャーの前田選手が。」

宇治原「あっマエケン。はい。」(前田智徳と勘違いしていた様子)

あいはら「マエケンが旅立つ時(プロ入り前の壮行会?)に僕は岸和田で司会やったんですよ。」

宇治原・六車「へ~~~~~~~。」

あいはら「あのマエケン選手のお父さんが僕らのことを好きで
まあまああの人(マエケン)も岸和田の人で。いい青年でしたよ。
活躍しそうですね。今年も。」

宇治原「そうですね。」

~即効次のお便りへ~

余談ですが宇治原を頭がいいだけと思っている方のためにフォローすると
跳び箱を18段跳べたり芸能人の運動会ではありますが走り高跳びで何度も優勝したり
今年身体測定をしたら実業団の選手並みの能力だったりとスポーツも万能です。
芸人としても大阪や舞台では活躍していて面白いんですが
テレビでなかなか披露する機会がないのが残念ですね(^^;

ということで徳井に引き続き宇治原もどうぞご贔屓に。
スポンサーサイト
昨日の侍チュート!内の徳井とアンガールズのコントです。

とある居酒屋にて
左から徳井・山根・田中
全員赤ヘルをかぶりメガホンを両手に持っている
BGMはそれ行けカープ

徳井「よっしゃ。今日のコンパ楽しみやな~。」

山根「ほんまかわいい子来るんか?お前」

田中「任しとけぇやお前。ぶちかわいい子3人用意しとんじゃけ。」

~3人でそれ行けカープを合唱している時女性陣が入ってくる。
並びは田中の向かいが熊田曜子・山根の向かいが稲垣早希・徳井の向かいが御秒奈々~

熊田「ごめんなさい。遅れちゃって。」

田中「おっ!来たで!」

稲垣「お願いします!」

御秒「お願いします!」

徳井「すごい3人が揃ったな。(メガホンで指しながら)
山本浩二(熊田)に衣笠祥雄(稲垣)に高橋慶彦(御秒)やないかお前。
すげぇすげぇ。すごい3人来たぞ~。」

~男性陣。興奮のあまり?宮島さんを合唱(もちろん万歳三唱つき。女性陣は引き気味)~

山根「いや~でもこれテンション上がるね。まあとりあえず飲み物頼もうか。
じゃあもうこれみんなビールでいいでしょう?」

稲垣「あっすみません。私ウーロン茶で。」

山根「えっ?何で?飲めんの?」

稲垣「ちょっとね。飲んだらあの頬が真っ赤になっちゃうんですよ。」

徳井「北別府か!」

稲垣「北別府?」

田中「え?北別府学知らんのん?」

稲垣「ちょっと…」

田中「マウンド上の精密機械でしょう?」

稲垣「えっ?」

田中「通算213勝。」

山根「ほんまよ。ファミスタやったらきたへふになっとるじゃろ?
北別府入りきらんから。」

~女性陣顔を見合わせながら話についていけないと困った様子~

徳井「まあまあまあまあ。じゃあゲームでもすっか?」

山根・田中「そうだな。」

徳井「徳井から始まる山手線ゲーム。広島カープの助っ人外国人の名前。ルイス!」

山根「ランス!」

田中「ギャレット!」

熊田「わかんないです。」

徳井「アウト~~~~。」

山根「まだ3人しか出とらんじゃんの。」

女性陣「知らないよね。」

田中「じゃあちょっとお題替えたほうがええわ。
田中から始まる山手線ゲーム。広島カープの珍事件。
1990年対巨人戦でえ~バックネットによじ登るクモ男出現!」

山根「2006年対ヤクルト戦で停電になってコールドゲーム!」

徳井「2007年巨人戦であの水道管が破裂して中断!」

熊田「え~知らない。」

田中「嘘でしょう?」

山根「いっぱいあるじゃん。」

田中「えっ?マジで?いや~何かえらい止めるね。さっきから。」

徳井「津田か!」

熊田「?」

徳井「炎のストッパー津田恒美か!」

御秒「私帰ります。」

稲垣「私も。」

山根「え~。ちょっとまだ抜けないでよ。
新井・金本じゃないんじゃけ阪神行こう思っとるんじゃろ。わかっとるんじゃけ。
阪神行っちゃいけんよ。」

熊田「もうちょっといて。もうちょっとお願い。」

稲垣「でもやっぱり。」

~帰る・引き止める(この間立ったり座ったり)がしばらく続く女性陣~

徳井「広島のスクワット応援か!立ったり座ったり広島のスクワット応援やないか!それ。」

山根「6回ぐらいでちょっとやめる奴か?」

~呆れて3人とも帰ろうとする。田中が熊田の腕をつかもうとして~

熊田「今胸触った!」

田中「触ってないよ!」

熊田「当たったもん!」

田中「当たってないって!」

熊田「当たった!」

田中「当たってなかったよ!」

熊田「当たったよ!」

田中「当たってなかったって!」

熊田「当たったってば!」

徳井「達川か!」

山根「達川だよ!当たった言うて赤くしようと思ってここつねっとんじゃろ?」

熊田「もう帰ります!」

徳井「途中退場って前監督のブラウンか!」
「4月にある新球場グランドオープン鯉祭りに来てくれるんですね。
徳井さんついにカープファンとしてカープに認められたんですね。」のお便りに対して。

福田「行くんですね。」

徳井「行きますよ~。」(嬉しそうな声)

福田「ねぇ。」

徳井「MAZDA Zoom-Zoom スタジアム。」

福田「って言うの?」

徳井「はい。」

徳井「MAZDA Zoom-Zoom スタジアム。はははは。」

福田「Zoom-Zoomとかって。」

徳井「♪Zoom-Zoom Zoom-Zoom Zoom-Zoom♪(CMの音程で)
あれから。(取った)」

福田「あれ発信で球場の名前つけたん?」

徳井「MAZDAの会社の何かそのキャッチコピーみたいなZoom-Zoomが。」

福田「あっそうなんや。」

徳井「だからZoom-Zoom スタジアム。」

福田「へ~。」

徳井「あれマツダスタジアムって呼ぶんかな?プロ野球ニュースとかで何て呼ばれんねやろう?
『MAZDA Zoom-Zoom スタジアムから』とかって呼ばれんのかな?」

福田「そうか。東京ドームとかそういうことやろう?言い方として。」

徳井「そうですそうです。」

福田「甲子園とか。けどZoom-Zoom スタジアムって言って下さいって言うんやろうな?球場側は。」

徳井「その場合はね。MAZDAさんがそう言うて欲しいならそうなるんでしょうけどね。
スカイマークスタジアムも言ってるな。
もうちょっと何か言いやすいのなかったんかな?と思いながらも。」

福田「Zoom-Zoomは言いづらいな。」

徳井「う~ん。」

福田「ユーノスロードスタースタジアムでええんちゃうの?」

徳井「はははは。まあな。」

福田「RX-8スタジアムとかそんなんで。」

徳井「ああそうやね。新球場。緊張しますね~。」

福田「いや~。普通に言ったら民生さんとかちゃうの?」

徳井「まあね。」

福田「グランドオープン鯉祭りなんやろう?」

徳井「いや。でもそら僕らだけじゃなくて色んな人いると思うんですよ。」

福田「あっそう。」

徳井「こないだあの久米さんの番組に出させてもらった時に
久米宏さんあのカープファンなんですよ。」

福田「あっそうなん。」

徳井「そうそうそうそう。んで『徳井さんカープファンなんですよね?(久米)』
『そうなんですよ。(徳井)』『杮落し行くんですよ。(久米)』

福田「ほ~~。」

徳井「だからそれが新球場のファン感謝デーイベントみたいな俺らが行くやつなのか。
初戦とか言うてはったからその公式戦の第一戦に行かはんのかちょっとわかんないんですけど
久米さんも行くって言ってましたね。」

福田「実は広島カープファンの人多いっすもんね。
アンガールズとかもそうやしうーじー(ロザン・宇治原)もそうやもんね。」

徳井「そやな。宇治原はね広島に住んでたことがあるからっていう。」

福田「そうそうそうそう。」

徳井「これだから始球式一回してみたいな~。
広島のユニフォーム着て始球式させてもうたらどんなに俺。(幸せだろう)
大野投手のピッチングフォームで投げたいな。」※彼は大野くんが一番好きな選手

福田「わからへんわ。」

徳井「はははは。」

福田「全然わからへんわ。たぶん俺も行くんやろうけど。」

徳井「そうですそうです。」

福田「俺別にカープファンでも何でもないしジャイアンツファンだけど
それでも今後悔してんのが前の球場一回観といたら良かったと思うわ。」

徳井「あ~~。」

福田「一回前の球場観てから新しいの観たかったなと思って。」

徳井「あ~~。」

福田「うん。前の球場すごい良かったみたいやんか。」

徳井「いやもう広島市民球場はほんまにもう名球場やねんあれは。」(力説)

福田「でしょう?」

徳井「うん。」

福田「言うたらちょっと財産やん。」

徳井「財産。」(きっぱり)

福田「うわ~もったいないことしたな~と思って。」

徳井「うん。」

福田「その寺とか庭とかに興味ないけど球場は観といたら良かったなって。」

徳井「そやな。あれ観とくべきやったな。狭いよ~。」

福田「らしいな。」

徳井「ファールグランドがもうものっすごいちっちゃいからすぐファールやねん。」

福田「はははは。」

徳井「すぐスタンド入るからファールフライがあんまないねんね。」

福田「ああなるほどな。」

徳井「うん。」

福田「捕るスペースがないねや。」

徳井「うん。でもうだから良くねドームで結構大きめの外野フライとか打って
今のこれ広島市民球場やったらホームランですよみたいなくだりが良くあんねんけど
そんなんでも別にそれが逆に誇りと言うか。」

福田「はいはいはいはい。」

徳井「その球場としてのオリジナリティーやから。」

福田「そらそうやな。」

徳井「うん。でもこれ新球場になってまあ市民球場なくなってすごい寂しいけど。」

福田「うん。」

徳井「やっぱり新しい球場ってテンション上がりますよね。」

福田「そらまあね。嬉しいすよねやっぱり。
球場が新しなるとかなったらたぶんチームの士気も上がるんちゃうかなって。」

徳井「うん。やっぱり球場が新しくなったと言う部分で集客もたぶん増えるやろうし
お客さん来たら選手もテンション上がるし。」

福田「『新球場一発目。今年はリーグ優勝目指そうぜ!』みたいな気持ちにたぶんなると思うねん。
俺らも新しい劇場出来たらちょっとお客さん何とか集めてって思うもんな。」

徳井「まあね。去年がほんまに万年Bクラスでずーっとあかんかったのが
ちょっとやっぱり希望が見えた年やったからちょうどいいねん。」

福田「だって申し訳ないけど去年が新井さんいいひんようになって。」

徳井「そうですよ。その前に黒田さんもおらんようになって新井選手もおらんようになって。」

福田「今年はまた頑張れるんじゃないですかね。」

徳井「今年は若手が本当にええ感じになってきたから期待出来ますよカープ。」

福田「これね。けど広島の方も(お便りを送った子)中学3年生の女の子ですけどもね
普段たぶんあんまり広島カープの試合とか観に行ってないと思うんですけども
これでね僕らを観に来てもらったついでにねカープの試合とかも観てもらって
地元応援しようかなみたいな。」

徳井「でもこの子なんかほんまにねあの試合観に行ってなくても
広島に住んでると言うだけで野球と言えば広島カープですから
それ以外ありえへんって言う街やから。」

福田「広島そうやな。ほんまに。」

徳井「ありえないですよ。」

福田「そやな。ほんまにそうやな。」

徳井「言うたって大阪がどんだけね熱狂的に阪神ファンが多いって言ったって
やっぱり巨人ファンも結構いるとこやし。」

福田「全然いるよ。そらライオンズファンも少ないながらいるし。
まあまあ実は俺ベイスターズファンって言う人もいるし。
確かにそやな。広島はもう広島で巨人ファンとか考えられへんな。」

徳井「考えられへん。」

福田「ありえへん。実際いいへんやろうな。全然。」(そんなことはない)

徳井「ほんまに他球団のファンって圧倒的に少ないと思うで。
そんな状態の中でね(広島ファン一色な感じが)ちょっといいですね。
何をするのか僕らもあんまり知りませんけど。どんなことすんやろうな。
あっ。あと一応徳井プロデュースのカープグッズが吉本興業とのコラボレーションで出来ましたので。
これまだ発売されてないな?」

福田「まだかな?」

徳井「iPodケースとか色々ありますんで。」

福田「あと前言うてたマスコット何やったっけ?
なかなか不気味なマスコットみたいな。広島カープの。」

徳井「あっスラィリー?」

福田「俺ちょっとスラィリー見るの楽しみやわ。」

徳井「めっちゃ気持ち悪い。」

福田「めっちゃ気持ち悪い言うな。」

徳井「化け物やから。」

福田「はははは。化け物じゃなくてマスコットや。」

徳井「スラィリーは化け物やから。」

福田「ちょっとスラィリーも見たいですね。楽しみでございます。」
福岡・佐賀で放送されている「アサデス。」という番組のスポーツコーナーでのものです。
以下のように表記します。別に説明はいらないか(笑)
西田→西田たかのり。ローカルタレント。番組内ホークス応援隊長。
高島→高島宗一郎アナウンサー。
玲子→徳永玲子。ローカルタレント。高島とともに番組パーソナリティを務める。
コパ→Dr.コパ。言わずと知れた?風水師。金曜日のコメンテーター。

栗原1

西田「さあ変わりまして他球団なんですけども昨日広島からあの選手が来たんです!」

~20日14時頃スタジオの前で~

西田「今KBCラジオにいるんですけども何とですね。
あの広島東洋カープのスター栗原選手が何故かいるらしいんですよ。」

~BGMはそれ行けカープ~

栗原2

西田(ナレーション)「若干26歳ながら広島カープを引っ張る男。4番栗原健太。
コングの愛称で広島市民に愛されるスター選手がKBCを訪れたんです。
しかし何故福岡にやって来たんでしょうか?」

~今季の打率・本塁打・打点数の紹介とともにヤフードームでのヒットシーンが映る~

西田「(ホークスの)応援隊長をしておりますえ~西田たかのりと申します。」

栗原「あっ栗原です。」

西田「栗原さん何でまた福岡なんですか?」

栗原「え~っとですね。まあこの度お伺いしたのは
え~来年広島のほうに新球場が出来るんですけども
え~それのPRをしにお伺いしました。」

西田「あ~~なるほど~。」

栗原3

~市民球場と最終戦の客席・選手全員の記念撮影の模様が映る~

栗原4栗原5栗原6
栗原7栗原8栗原9

西田(ナレーション)「今年51年の歴史に幕を閉じた広島市民球場。
その間カープが迎えた経営危機を声援と自らの募金で救ってきたファン達。
市民と一心同体のチームは今新たな夢を乗せ歩き出そうとしているのです。」

~スタジオの中で座って~

西田「実際その歴史ある球場が幕を下ろす。」

栗原「はい。」

西田「その時あのファンの人達・街の人達ってどういうその声が多かったですか?」

栗原10

栗原「チャンスで打てなかったりしたら『帰れ』とか『代われ』とか
野次もすごいんですけどまあ本当にみなさん熱狂的で

栗原11

~ラッキー7でのジェット風船が上がるところが映る~

最後のほうは球場のほうも全て満員でやっぱり毎試合毎試合終わるごとに
『あ~もうあと何試合しかない』っていう選手もまあそういう思いでいましたんで
もうとにかく勝つっていうことでね
やっぱりいい思い出にしようっていう気持ちは選手もありましたし
また3位争いしてたんですごくこう盛り上がってましたね。はい。」

西田「新しくなった球場のPRにということですよね?」

栗原「そうです。」

西田「ただね~栗原さん。ここはアウェーです
『ああそうですか。じゃあカメラに向かってどうぞ!』ってわけにはいかないんですよ。
そこで相撲で勝負しようじゃないかと。」

栗原「はい。」

西田「で勝ったらPRという形です。」

栗原「相撲ですか?」

西田「相撲です。」

~相撲は相撲でも紙相撲。土俵が運ばれてくる。~

土俵

栗原「あっそれ。」

西田「これです。」

栗原「それですか?」

西田「当たり前じゃないですか。ガタイが違うから組んだら私負けますよ。」

栗原「ははは。」

西田(ナレーション)「大相撲開催中の福岡に来たからには相撲で対決してもらいましょう。
球団マスコット紙相撲対決!!新球場PRを賭けた大一番。果たして白星を挙げるのはどっち!?」

栗原12

~スラィリーとハリーの顔にまわしが描かれた人形。行司は同行の広島市役所の人~

栗原13

行司「見合って見合って。はっけよい残った!」

~2秒ぐらいで栗原に軍配~

栗原14

栗原「(手を叩いて喜びながら)よーし!はたき込み。」

西田「はたかれた~~。すんません!」

玲子「早かった。」

西田(ナレーション)「あまりに決着が早すぎたんでもう一度ご覧下さい。
私ね5回しか叩いてないんです。もうこんな盛り上がらない対決初めて(笑)」

西田「MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島のPRです。栗原さんどうぞ!」

~新球場の完成予想CGが映る&それ行けカープ~

栗原15栗原16

栗原「はい。内・外野ともにえ~天然芝で日本にはあまりない球場になってます。
え~それと色んなシートがたくさんありまして本当に楽しめる球場ですので
是非広島のほうに足を運んで下さい。(頭を下げながら)宜しくお願いします。」

西田(ナレーション)「選手が間近で見られる砂かぶりシート。
パーティーをしながら試合を観戦出来るスペースもあるんです。
アクセスも良く広島駅から徒歩10分。
交流戦でホークスの応援に行く時も便利になりました。」

コパ「西やん。俺ほら西やんの家に行った時さ。広島カープの帽子があったよな?」

玲子「あったあった。」

高島「隠れカープファンの西やん(聴き取れない)」

コパ「だからあの相撲だってわざと負けたよな?」

高島・玲子「あ~~。」

西田「(笑いながら)そんなわけあるわけないじゃないですか。」

コパ「だって今度引っ越してってまたカープの帽子だけちゃんと置いてあったじゃねぇか。」

西田「ただ今観てる人はどっちかっていうとそのジャケットを着てるコパさんのほうが
カープファンっぽいですよ。」(真っ赤なジャケットを着ている)

コパ「はははは。これは単なるラッキーカラーだから。」

西田「私は全ての球団好きなんですけども。」

全員「本当?」

西田「いや本当に。栗原選手はあの~まあWBCに選ばれるかどうかわかんないですけども
日本を背負いますね。え~まあちょっと今濁しましたけどね。」

コパ「でもさずいぶん今日ニコニコしてんな?カープの話題は。」

西田「(笑って手を振りながら)ややこしくするのやめましょうよ。
さあその栗原選手からプレゼントをいただきました。」

玲子「はい。」

高島「ありがとうございます。」

栗原係栗原ボール

西田「え~この3点セット。ボール・タオル・カレンダーの3点セットです。
え~今日の正午必着となっております。
これあの5番と書かれた栗原選手のサインボールですね。」

高島「栗原選手係(笑)」(あて先がこうなっているので笑って)

西田「ええ。FAX・メールのみ1名様にプレゼントです。今日の正午必着です。」
単独3位になったしマエケンの無四球完封ということで
素晴らしいお祭りが開催されると思っていましたが
すぐに終わって寂しく思っていたところ思いもよらない別のお祭りが開催されました。
トータルで40分ぐらい。起こすのに3時間以上かかった超大作です。
いつもにまして見にくいと思いますがどうぞご覧下さい。
懐かしい名前が山盛りで昔を知っている方はより楽しんでいただけるかと。
最後に素晴らしいオチが待っています(笑)

福田「チュートリアルのオールナイトニッポンR~。」

徳井「チュートリアルのオールナイトニッポンR。XW2000~。」

福田「あぁ~~。」

福田「さあこんばんは~。チュートリアルの福田です~。」

徳井「三遊亭春菊で~す。」

福田「誰やね~ん。(←何となく色っぽい言い方だった。)さあ一ヶ月ぶりでございます。
今夜も生放送でお送りしていきましょう。オールナイトニッポンRということで。」

徳井「なかなかスイートなツッコミをしたなお前。」

福田「何が?」

徳井「『誰やね~ん。』か何か。
スイートツッコミ。新婚みたいなツッコミするな。新婚みたいなツッコミやな。」

福田「何やね~ん。誰やね~ん。」

徳井「いや~何はなくとも今日はね。
前田健の無四球完投のお祝いをせな始まらへんから。


福田「広島カープですか?」

徳井「いや~~。」

福田「勝ったみたいですね今日。」

徳井「健太くんがね。」

福田「はいはいはいはい。」

徳井「やりましてね。」

福田「若いっすね?あの人。」

徳井「若いよ。本当に。お立ち台でね。」

福田「はい。」

徳井「何か噛んでましたけどね。思い切りね。」

福田「『クライマックスシ』。」

徳井「『クライマックスシ。』たぶん同じの見たんですね。
クライマックスシリーズって言いたかったんでしょうけどね。
『ファンのみなさん大好きです!』って言うてましたけどね。」

2人「はははは。」

徳井「『クライマックスシ。あっ。クライマックスシリーズに行けるように頑張ります!』。」

福田「あんなん考えてんのかな?選手の人ってもし勝ったら
何かお立ち台で『これ言うたれ~。』みたいな。」

徳井「まあやっぱりそりゃあの持ちギャグ的なものがあったりする人はやっぱり言うんちゃうん?
金本選手とかやったらね『新井大先生が。新井大選手が。』みたいな。」

福田「言わはりますね。家族の誕生日とか何かそんなん言ったりするんでしょうね。」

徳井「はいはいはいはい。」

福田「まあそんな広島カープ3位でしょう?」

徳井「3位やっとこれ今もう中日と2ゲーム差つきましたんでね。
これはクライマックスシリーズ行くんじゃないかというね。」

福田「我が巨人も1ゲーム差で今現在2位ですからね。」

徳井「そうですね。」

福田「すごいな。」

徳井「ええ感じになってきましたね。何やろうほんまに面白いですね。」

福田「セリーグ面白いですね。」

徳井「首位争いも面白いし3位・4位争いも面白いし。」

福田「ええ感じの状況になってきたんじゃないですか。」

徳井「そうですね。勝ってるとやっぱな
広島市民球場のほんまスタンドの雰囲気がやっぱねちゃうな。」

福田「ああそう。」

徳井「客席の雰囲気が何かね昔のほんまにあの強かった時代の雰囲気やねんな。」

福田「あ~そうなんや。」

徳井「盛り上がってますね。さあそんなこんなでね。」

福田「はい。」

徳井「ちょっとあの毎回あの5種盛りをねここ2回ほど。」

福田「うん。」

徳井「一発目が刺身の5種盛り。一番ええのはベスト5種盛りは何なのかみたいな。」

福田「うん。」

徳井「え~次は定食のおかず。」

福田「うん。」

徳井「5品。」

福田「はい。」

徳井「ごちそう何かっていうのを選んだじゃないですか。」

福田「はい。」

徳井「今回ね。野球選手5種盛りのベストメンバーをちょっと選んでみようかなと。」

福田「5人?」

徳井「はい。」

福田「ベスト5ということ?」

徳井「そうです。」

福田「それはもうポジション関係なく(聴き取れない)?」

徳井「今の選手でもいいし昔の選手でもいいし。
あのまあベストナインとかね毎年変わってますけども何か知らんけど5人選ぶっていう。」

福田「9人でいいんちゃうか?」

徳井「いやいや5人です。」

福田「5人だけ!?」

徳井「5人選ぶっていうね。」

福田「ああ時代も関係なく。えっ海外とかも関係あり?
今日本から海外に行ってる選手もありで海外の選手はどうなん?
日本国内で活躍してる海外の。例えばイ・スンヨプ選手とか。」

徳井「あ~助っ人外国人の選手全然OKです。
ただあの今のロッキーズのセカンドとか言われてもわからないんで。」

福田「はいはい。」

徳井「それはもう知らないんで。やめてください。怒りますんで。」

福田「何で怒られなあかんねん。」

徳井「チクっと言いますんでその場合。」

福田「いや~誰やろな。」

徳井「王・長嶋入るやろな。やっぱり。いやでもね。
正直僕ら世代は王さん長嶋さんっていうのは現役でプレーしてる姿見てないですし
まあ俺は入らへんけどねやっぱり。」

福田「俺何となく王さんは入るイメージやんな。
長嶋さんは何か監督のイメージが強すぎて。何となく王さんはっていう。」

徳井「だって見てないからな。やっぱり見てる人じゃないとちょっと俺は入ってへんからな。
長内やろう?長内のあの構えた時のケツのプリっとした感じはやっぱりええな。あと長嶋な。

福田「いや長嶋入らへんやろ?」

徳井「広島のな。」

福田「誰やねん?誰やねん?広島の長嶋って。」

徳井「いや昔あのほらあの阪急との日本シリーズで逆転満塁ホームラン打った。」

福田「絶対わからへん。」

徳井「長嶋やんけ。」

福田「プロ野球の長嶋言うたら監督になられたあっちのほうでしょう。」

徳井「ああそうですか。」

福田「そういうイメージですけどもね。」

徳井「ランス。ランス。

福田「野茂とかな。」

徳井「ランス。ランス。

福田「野茂な。」

徳井「野茂よりランスやから。」

福田「ランスってお前。」

徳井「ランス・正田・山崎隆造な。

福田「も~わからへん。」

徳井「高。高。」

福田「お前これな。5種盛りな。これ今回プロ野球選手で最終的にたぶん決定するやんか。」

徳井「はいはい。」

福田「そん時にもう広島の選手を優先的に入れるのかどうなんかで変わってくるから
そこはフラットにいくんか言うといてくれ。」

徳井「それはフラットですよもちろん。

福田「それはフラットなんやな?」

徳井「もちろんフラットです。」

福田「なんやな?」

徳井「当たり前やんそんなん。

福田「なええな?」

徳井「それはもうフラットです。」

福田「でもそれ言うとかんとお前リスナーが広島の選手ばっかり送って来られてもやな。
そんなもんもう何やわけわからんようになるから。」

徳井「あの~そんな広島が採用されやすいんじゃないかとかそういうこと考えずに
みなさんの心の中であの~心の中の名選手やっていうのを。」

福田「でいいねんな?」

徳井「清川な。清川。左のサイドスロー清川な。

福田「清川聞いたことあるな。」

徳井「まあちょっとこれ楽しみですね。」

福田「う~ん。そうですね。どれぐらいそのもしかしたら聴いてる層が
あんまプロ野球選手知らんかも知れないですけどね。」

徳井「まあまあね。それはもうしょうがないですね。」

福田「まあまあけど。」

徳井「女の子なんかでも良く知らんけども知らんなりに
『あっこの人知ってる。』とかでも全然いいです。」

福田「あの~もしマニアックなねプロ野球選手がすごい好きな
選手名鑑とか持ってる人がおったらその好きな理由も色々と。
自家用車が○○だからとかそんなんでも全然結構。
選手としてすごかったじゃなくても全然。
この人がこんなこと言ったとかこんなことがあったとか
奥さん誰々やとかそんなんでも全然。」

徳井「あとほんまに私の友達が選手と結婚したとかそんなんもいいですし
近所に住んでるとかスーパーで見たとか新幹線で会うたとか。」

福田「という感じでございます。プロ野球選手5人か。難しいな5人っていう。
ポジション例えばピッチャー5人になる可能性もあるわけやろう?」

徳井「全然全然いいですよ。キャッチャー5人でもええわけですし
助っ人外国人5人でもいいですしね。」

福田「バースとか入るのかな。」

徳井「バースとかな。やっぱりな。バース・クロマティ・ロードンね。ロードンな。

福田「ロードンどこやったっけ?どこの選手やねん?」

徳井「広島。」

福田「ああ広島かまた。」

徳井「サラリーマンみたいな貧弱な。パワーのない外人。」

福田「めがねかけた人?」

徳井「そうです。」

福田「あ~ロードンな~。ホーナーとかじゃなくてロードンが入んねや。なるほどな。
じゃあプロ野球選手ですね?今回のテーマはプロ野球選手5種盛りということで。わかりました。」

~~コーナーをはさんで~~

福田「さあ生放送でお送りしておりますが
本日のメールテーマがプロ野球選手の5種盛りということで。」

徳井「はいはいはいはい。」

福田「来てますね~~。」

徳井「いや~来てますね~。どんどん紹介しましょうか。」

福田「はいはい。」

徳井「好きな選手がたくさんいたから選ぶのは至難の技ですと。その中から選びました。
まず一人目。ガルベス。」

福田「ガルベス!?俺知らんなガルベス。」

徳井「ガルベス巨人のピッチャーですよ。」

福田「あっそうなん?いつぐらいやろう?いや今かな?」

徳井「いや今いないです。」

福田「やんな?」

徳井「ええ。」

福田「ガルベス。」

徳井「ガルベスね。90年代のピッチャーですけど。(聴き取れない)
あとこれわかります。屋鋪。大洋ホエールズのね屋鋪要さん。
俺も屋鋪さん好きやったな。かっこよかってんな。」

福田「俺屋鋪さんって行列の時に『さあいよいよYOSHIKIさんが出ますよ~』って時に
屋鋪さんがボケで出て来た印象しかないわ。」

徳井「そっちか~いみたいな感じでしたけどね。屋鋪さんはええな~。」

福田「ああそう。」

徳井「ええ。センターでね。守備範囲が。めちゃくちゃ速いですから足が。すごいんですよ。
ファミスタでもすごい速かったですもんね。で古田敦也選手ね。」

福田「あ~古田さんね。」

徳井「ええキャッチャーですね。あと工藤投手。西武→ダイエー→巨人→横浜か。
渡り歩いてるな。で松坂大輔。」

福田「はいはいはいはい。」

福田「桑田真澄さん。あと工藤投手。そして秋山幸二さん。そして柏原純一さん。
そして今は亡き津田恒実さんです。」

徳井「津田恒実さんね。」

福田「特に津田投手の速球ボールを打った原辰徳選手が
手首を骨折したというエピソードは印象深いです。」

徳井「炎のストッパー津田恒実はね。やっぱりマウンドでの勝気っぷりがすごいんですよねもう。」

福田「ああそう。きついんや。」

徳井「もう投げた後その勢いでバッターどつきに行くんちゃうかっていうぐらいの感じなんですよ。」

福田「怖いな。」

徳井「で達川さんがねパッと返球してきたボールの取り方がはたくように取るっていうね。」

福田「ほ~~。闘志むき出しなんですね。」

徳井「はい。」

徳井「先発・抑え・捕手・内野手・外野手を一人ずつ選んだと。全員引退選手ですと。」

福田「はい。」

徳井「先発投手ねこれ。伊藤智仁ね。ヤクルトの。この人の高速スライダーはすごいですよもう。」

福田「へ~。」

徳井「ほんまにねあのプロ野球中継見てても目に見えてスライドしてんねん。」

福田「へ~。」

徳井「何かYou Tubeでもね伊藤智仁の高速スライダーっていうのがあるんでね
一回見て欲しいですけども。
んで津田さんね。でキャッチャーが伊東選手。西武のね。シブいな。で川相・秋山。
秋山さんはやっぱ入ってくるな名選手。」福田「ん~なるほどね~。」

福田「阪神ファンなので阪神の選手が中心ですがまず藤本選手。
え~藤本選手の守備に惚れました。
そして赤星選手。え~去年のファン感謝デーで話題になったんですが
チーム内で一番試合中の野次がすごいそうですと。」

徳井「赤星選手に野次が飛ばされると?」

福田「そうみたいですね。」

徳井「へ~。」

福田「そして下柳投手。父親の幼なじみの友達が下柳投手で
去年の阪神ー巨人戦のチケットを取ってもらいました。」

徳井「へ~。」

福田「そして矢野選手。え~虎の要で阪神で一番男前やからと思います。」

徳井「はあはあ。矢野選手女性ファンが多いですからね。」

福田「最近チワワを買われたみたいです。」

徳井「はははは。」

福田「そして阪神以外なんですけどソフトバンク川選手。」

徳井「あ~ムネリンね。」

福田「イチロー選手と自主練をされていたみたいで去年の終わりぐらいに
うめだ花月にいらっしゃってストリークの山田さんのキャップの裏にサインを書かれました。」

徳井「ああそう。」

福田「そうらしいですよ。川選手。」

徳井「うめだ花月に。」

福田「来てくれはったみたいですね。」

徳井「へ~~。」

徳井「名古屋の方。完全に中日ファンですね。全員中日です。
落合・宇野・立浪・小松・ソンドンヨルっていうね。もう完全に中日ですね。」

福田「ほうほうほうほう。」

徳井「小松さんすごかったな~。」

福田「あ~そうなんや。」

福田「新庄さん。」

徳井「あ~~。そやな。」

福田「新庄さんはやっぱり名選手やな。プレーもすごかったしパフォーマンスもすごかったし。
そして川ムネリンそして西岡選手そしてダルビッシュそして上原選手と。
上原選手この前の24時間テレビでいい人だなと思った。」

徳井「現役じゃないところで考えましたと。
スミス。この方の初めて知った外人選手やと。
んで清原さん。子供の頃の漫画で何か見たと。
で仲田投手。元阪神のね。仲田幸司。んで亀山兄。
そしてローズ。これがね昔福岡のホテルのエレベーターで遭遇して
『あれローズちゃう?』と友人とヒソヒソしゃべっていたら帰り際に
『ソウダヨ。ローズダヨ。』」

福田「めっちゃええ人やんけ~。」

徳井「と握手してくれました。」

福田「へ~。」

徳井「これちょっととりあえずね。今のところ暫定で決めていかなあきませんね。」

福田「誰が~。今で言ったら投手はまず。投手でもないな。
この人はとりあえず入れとこっていう人いる?」

徳井「ちょっともう僕あ~屋鋪さんと。」

福田「うん。」

徳井「秋山さんはちょっと入れときたいですね。」

福田「うん。けど津田恒実さんも俺そんな野球詳しくないけどすげー名前は知ってたから
すごい人なんやろう?恐らく。」

徳井「すごいっす。津田さんとほんなら。ん~。」

福田「津田さんとダルビッシュやったら現役一緒だったらどっちがすごかったん?
どっちが日本代表で先発投げてた?」

徳井「まま津田さんは抑えの投手ですからあれですけど
まあそりゃやっぱりねまあどうしても先発ピッチャーのほうが
その看板的になってしまうからまあ。」

福田「(聴き取れない。)」

徳井「ダルビッシュはまだ若いしちょっとここの5種盛りに入るにはちょっとまだ若い。」

福田「あと2人。屋鋪・秋山・津田恒実と入ってあと2人です。」

徳井「やっぱ桑田さんいこうかな。ほんで宇野いきましょう。」

福田「宇野シブいところいきましたね。」

徳井「珍プレー・好プレーでね大活躍の宇野選手ですから。」

福田「じゃあ暫定の5種は屋鋪・桑田・秋山・津田・宇野ということでございます。」

徳井「はははは。」

福田「まだまだ5種盛りあれば送ってきて下さい。」

~~コーナーをはさんで~~

福田「さあ本日のテーマがプロ野球選手5種盛りということでメールがたくさん来ております。
私が考える5種盛りはイチロー選手上原投手そして野茂選手そして長嶋監督
最後はね意外なんですけどね里崎選手。」

徳井「あ~ロッテのね。」

福田「里崎選手のお尻の感じがたまりません。」

徳井「カープが大好き。宮崎キャンプに行きます。
前田智徳選手。俺もやっぱり入ってしまうな~。」

福田「広島のな。」

徳井「そして大野豊選手。完全に俺一番好きな選手やからな大野さんな。」

福田「はい。」

徳井「え~広島のピッチャーですけども。んで佐々木選手ね。大魔神。確かにすごい。
そして宮本慎也選手。そして高橋建。」

福田「まあまあ納得のメンバーかなと。」

福田「まずシブいですよ。大洋ホエールズポンセ。」

徳井「ポンセな!ポンセ確かにな~。」

福田「またチョイスもな。デッドボールに当たったんやって。ポンセ選手がね。
そん時にピッチャーに『大丈夫やで。』って。合図をして帽子を取られたらかっこいいよな。
外人選手ってよう向かって行くイメージやけどポンセ大丈夫だよっていう気さくな感じ。」

徳井「ポンセって名前もね助っ人外人史上なかなかのインパクトですよ。ポンセっていうね。」

福田「そして桑田さん。え~中学生の彼の息子さんが野球部でピッチャーをされているらしく
初勝利した時のボールを海外でプレーしていた桑田さんに送りはったみたいで
それを受け取った桑田さんが感動で泣かれていたと。」

徳井「ほう。」

福田「あと3人目が梵選手。」

徳井「ほほう。」

福田「ずっと前広島ファンのちびっこに徳井くんが『誰が好き?』と聞き
ちびっこが『梵!』と答えました。私は梵選手を知りませんが
梵という美しい名前に心を打たれました。」

徳井「はははは。何かそよいでる感がね。」

福田「梵って珍しいよね。あと4人目が巨人におられた大森選手。

徳井「お~。」

福田「私と同じ街でプロ野球選手が出た。すごいと。興奮しましたと。」

徳井「大森さんね。まあもっと何か結構鳴り物入りで入って来たんですけどね。」

福田「あと立浪選手。」

徳井「あ~確かにええ選手やな。」

福田「PLで優勝した時選手が並んで校歌を歌っている時に
彼一人小さかったのがとても印象的でしたと。」

徳井「まず江川選手ね。」

福田「ああそうか。」

徳井「やっぱ江川さんはそやな。怪物。そして板東英二さん。」

福田「でた。もう今更のふざけたおっさん。」

徳井「はははは。パンチ佐藤さんね。」

福田「はいはいはいはい。」

徳井「長嶋一茂さん。」

福田「はいはいはいはい。」

徳井「そしてアニマル。アニマル・レスリーですね。」

福田「引退してから芸能界で活躍してるメンバーですか。」

徳井「そうですね。アニマル・レスリーあれあのたけしさんとこの野球チームとか何か。
何やったっけな。」

福田「元々たけし軍団や。確か。」

徳井「元々たけし軍団?」

福田「入ってたちごたっけな?たけし軍団とか。途中から。入ってましたよね?」

徳井「元々たけし軍団?」

福田「元々は?そや。」

徳井「あのたけしのスポーツ大将に出てましたよね。」

福田「さあそういうわけでCMの後にいよいよプロ野球選手5種盛り決定致します!」

~音楽にかぶりながら~

福田「懐かしいな。」

徳井「デストラーデな。」

福田「あ~。」

徳井「ブーマー!あっブーマーな。」

~~CM明け~~

徳井「野球選手の5種盛り決定しますっ!」

福田「いよいよですね。色々と送ってきてもらってますし
なかなか紹介しきれてなかったりもするんですけども。」

徳井「はいはいはいはい。」

福田「巨人助っ人史上最高の暴れん坊(聴き取れない。)とかね。巨人コトー。
あとメジャーリーガーで巨人に来たマック。マルチネス。」

徳井「マルチネスね。」

福田「シブいな。」

徳井「シブいのいっぱいきてますね。呂明賜とかね。」

福田「ああ呂明賜いたな。広島の江夏さんとか。津田さん達川さん衣笠さん山本さんとか。」

徳井「江夏さんね。江夏さんもそらもうすごい人やもんな。」

福田「ん~。」

徳井「はいはいはいはい。」

福田「今んとこ暫定が屋鋪さん桑田さん秋山さん津田さん宇野さんという5人になっておりますが。」

徳井「これはね~非常に難しいんですよ。」

福田「ガリクソンは?」

徳井「ガリクソンね。まあのちにガリガリガリクソンという芸人を
編み出すという結果にも繋がってますから。」

福田「関西のピン芸人のガリガリガリクソン知らんよ。」

徳井「ガリガリガリクソン今あらびき団でブレーク中ですからね。」

福田「あっそうなんですか。」

徳井「そうなんですよ。あいつ。」

福田「NSCに行きなおそうでおなじみの人ですか。」

徳井「そうそう。気持ちの悪いあいつがね。」

福田「おかしなネタを考えていた時期があったという。」

徳井「はははは。」

福田「どんな芸人やねん。さあこの今暫定の5人でいくのか変わるのか。
まあね一応3時台の後半で一応番組聴ける方がね少なくなってきて
ディレクターが入ってくるなり『この5人じゃないでしょう!』って言ってましたからね。」

徳井「はははは。まま確かにね。他にも名選手がいっぱい。まあイチローさんもね。」

福田「もちろん絶対入るよ普通に考えたらな。」

徳井「そやな。イチローさんは入るし。」

福田「新庄さんとかも入るけど。」

~~ドラムロール~~

福田「さあ徳井さん時間がやばいです。」

徳井「わかりました。じゃあ色んなことを考えた上でじゃあ発表します!もう5人一気に言うね。」

福田「はい。」

徳井「いきます!大野・小早川・高橋慶彦・衣笠・北別府に決定~~!

~~いつものファンファーレ~~

徳井「いや~~。」

福田「待てよお前。」

徳井「熟考に熟考を重ねた結果この5人ということになりました~。」

福田「いやいや。」

徳井「ありがとうございました~。」

福田「全員広島の選手やないかお前。」

徳井「ありがとうございま~す。」

福田「何やってん。今までのこの1時間半。」
徳井「ありがとうございます~。」
福田「チュートリアルのオールナイトニッポンR~。」
徳井「あ~。あ~。」
福田「さ~チュートリアルでございます~。」
徳井「フィンガーテクニックで~す。」
福田「あ~フィンテクやわ~。やるね~さすが。」
徳井「『フィンガーテクニックです。』っていうて『あ~フィンテクや。』って何なんですか。」
福田「フィンテクや~。」
徳井「フィンテクやあらへん。懐かしいな~みたいななんやねんそれ。」
福田「出た。」
徳井「昔乗ってた(聴き取れない。)」
福田「知らんやんけそんなもん。いきなりフィンガーテクニックや言われても
わけわからんもん。」
徳井「いきなりフィンガーテクニックや言われても?」
福田「ええ。ね~一月ぶりにやってまいりました。」
徳井「はいはい。」
福田「オールナイトニッポンRでございます。」
徳井「月に一度のお楽しみですよね。」
福田「そうですね。今日も生放送でお送りしておりますが。」
徳井「はいはいはい。」
福田「オリンピックが。日本の野球負けたみたいっすね。」
徳井「韓国に負けてしまいまして。」
福田「なぁ~~。なんやろうなぁ。なんやろうなぁ。
イマイチ何かイマイチちょっと何か本命と言われる人が負けたりとか。」
徳井「結構波乱的なことが多いですよね。」
福田「柔道の鈴木さんとかね。一回戦か~みたいな。」
徳井「他の競技もトランポリンもえ~っと世界ランク一位の日本人の男の人が。
上山選手ですよね。予選敗退で。」
福田「え~そうなん。残念だったんや。
かと思えば北島さんがやっぱり強いなみたいなところもあったりとかな。」
徳井「そうですね。まあでもまああそこに出れてるという時点で素晴らしいことですからね。
別にまあ予選で敗退したところで素晴らしいことに変わりないですからね。」
福田「勝手にこっちが応援してるだけの話やからな。」
徳井「そうですよ。」
福田「別に『うわ~頑張って頑張って』いうてるだけのことやからな。」
徳井「ええ。まあ結果はね本人の本人がどう捉えるかっていうことなんでね。」
福田「やっぱり中国強いな~。」
徳井「やっぱりホームですからね。」
福田「やっぱりあんねやな。ホーム・アウェイみたいな。」
徳井「応援がもう特にものすごいですからね。ちょっと。引くぐらいの応援してますから。」
福田「まま地元やからな。そらなわーっとはなっとるわな。そら。」
徳井「国がやっぱりイケイケの状態でちょうどオリンピック来ると
ものすごいことになってますね。」
福田「わーっとなるわな。」

~~ここからお祭り。~~※2分30秒過ぎから10分ほど。

徳井「ええ。まあそんな中ねとりあえずオリンピックのお話もあの~したいんですけども。」
福田「はい。」
徳井「まずはねやっぱり今日。」
福田「うん。」
徳井「これをお祝いしないといけないんじゃないかなということで。いつもの音楽お願いします。」
(スティービー・ワンダーのハッピーバースデーが流れる。)
徳井「いや~~~。いや~~~~~~(2回目は川平慈英風。)本当にね。
とにかくとにもかくにもえ~コズロースキーおめでとう!」
福田「いやいやいやいや。誰やねん。」
徳井「コズロースキー。」
福田「誰やねん。コズロースキー。」
徳井「ベン・コズロースキーやないかお前!」
福田「フルネーム言われても余計わからんて。誰やねん。ベン・コズロースキー?」
徳井「ベン・コズロースキーの誕生日ですよ。」
福田「ベン・コズロースキーって何の人やねん。」
徳井「えっ?」
福田「何の人やねん。」
徳井「何の?」
福田「何してる?オリンピックで何やメダル獲ったんか?ベン・コズロースキーは。」
徳井「広島のピッチャーですけど。」
福田「(かぶり気味に。)知らんがなそんなん。知らんわそんな奴。」
徳井「1980年の今日生まれたんですよ。」
福田「いやいや。」
徳井「5コ下。28。」
福田「まあまあ俺らからしたらそうやけどコズロースキーなんか存知あげないっすよ僕は。」
徳井「いや~~本当にもう良かったですね。」
福田「活躍してんの?」
徳井「いやいや活躍してますよ。」
福田「あっそうなん?」
徳井「めちゃめちゃではないですけど。」
福田「左腕?」
徳井「えっ?」
福田「左腕?」
徳井「お前左腕とか。コズロースキーって右腕ですよ。
(カープファンのスタッフさんからの助け舟が出て。)左腕っすか?」
福田「どないやねん!そこまで把握してないんかい。」
徳井「どっちかわからへんようになってん。」
福田「そうなんや。なるほどね。」
徳井「198cmの100kgというね。」
福田「はははは。」
徳井「何か知らんけど今年のね助っ人デカいんですよ。」
福田「デカいな。何か広島のピッチャーあまりデカいイメージないねんけどな。
も~別に関係ないやんけ。俺らのオールナイトニッポンとコズロースキーの誕生日。」
徳井「だから前あのシーボルの時も言ったけど。シーボルの誕生日祝ったの覚えてる?」
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=809885176&owner_id=9344955(その時の文字起こし。)
福田「いやもう知らんよ。何の記憶もない。シーボルの誕生日。」
徳井「コズロースキー聴いてるかもしれんから。」
福田「聴いてることあらへんて。今日負けてるやろ?巨人に。
もしまあまあそらもうコズロースキー関係なくてもさ
そらもう誕生日やったらそらもう今頃ワインでお祝いしてるんちゃう?
もう寝てるか。この時間もう寝てるわ。
何で俺らのオールナイトニッポンRを楽しみに聴いてんねん。コズロースキーが。」
徳井「(スタッフさんに。)だから2-4?あっ2-5?」←何のことかわからない。
福田「2軍!?何で2軍の広島の結果を言わせなあかんねん!」
徳井「何でやねん!ほんならなにかい!お前な今広島の中でな
『シーボルなお祝いしてもらってんやって。』っていう話になっとったらな。」
福田「うん。」
徳井「ほなコズロースキー的にはやな『あっ俺コズロースキー今日誕生日やし
言うてくれるかもしれん。』みたいなあるかもしれんやん。」
福田「ないって!」
徳井「これで祝わへんかったら『何やねん!シーボルばっかり。
ほな俺2軍に落ちたからね。』」
福田「いや違う。まずそのシーボルが知らんって。お祝い。」
徳井「いやいや『ペナントレースの序盤ね。俺ストッパーの一角としてね
やっとったやないかい。』と。でシーボルはね。」
福田「誰がどっちがどっちやねん。どっちがペナントレースのストッパーやってん。」
徳井「コズロースキーが。今2軍やけど。」
福田「ストッパーやったん?元々。」
徳井「そうそう。序盤はな。」
福田「知らんて!だから元々コズロースキーか何か知らんけどそいつがもう。」
徳井「永川と2人で頑張っとったやん。」
福田「永川も誰やねん!」
徳井「ええ!?」
福田「永川も誰やねん。」
徳井「広島の守護神やないかお前。安定感のない守護神…」
福田「あかんやんけ。全然あかんやんけ。」
徳井「今年は大丈夫なんやけど。ほんでまあコズがね。」
福田「コズって言うんや。」
徳井「まあ結婚してるかどうか知らんけど。(また助け舟。)結婚してるんですか。
この人のワイフがやな『シーボルの時は祝ったのにコズ祝ってくれてないで。』って。」
福田「絶対聴いてないって!悪いけど。絶対聴いてないって!!
ほんならもうコズロースキーこれ聴いてたら送ってこい!
『ありがとう。』っつって。コズロースキー。
そらお前コズロースキーのお祝いしてんねやからそらありがとう言うてもらわな。
『わざわざごめんね。』って言うてもらわんと。」
徳井「いやいやそれは。」
福田「絶対聴いてないって!シーボル。シーボルでもええわ。
『コズロースキーのことありがとう。』シーボルも送ってこい。2人ともや。まとめて。」
徳井「今から聴いてたらもしね『ありがとう』というような気持ちで聴いてくれてるならね。
送ってくれてもいいですけど。」
福田「あの誰やったっけ?ストッパーの人。」
徳井「永川?」
福田「永川も。」
徳井「永川はそんなもう大変や。」
福田「永川選手も送って来てくれ。聴いてんねやったらな。」
徳井「はははは。」
福田「聴いてんねやったらな。」
徳井「(聴き取れない。)」
福田「衣笠は?」
徳井「祥雄はあかんやろう。祥雄は寝とるよこの時間。」
福田「ははは。鉄人やったら起きとるやろうこの時間。」
徳井「起きてへんよ。爆睡やこんな時間。」
福田「そうなんや。」
徳井「誕生日祝ってんねやろうな~。」
福田「2軍落ちてるからそれどころでもないんちゃう?
祝ってる場合でもないような気もするけども。」
徳井「天谷とかと飲みに行ってんちゃうん?」
福田「天谷選手?聞いたことあるなそういや。」
徳井「飲みに行ってるんやろうな~。」
福田「今日どこ?広島でやってんの?ドーム?」
徳井「ドームなんかな?」
福田「巨人戦やんな?ドームか。東京や。」
徳井「ほなもういるんちゃう?ニッポン放送の近くに。」
福田「何でドームで試合終わった後ニッポン放送の周りうろうろしてんねん。」
徳井「今ちょうどコズロースキーのね。写真が今選手名鑑で。」
福田「よう選手名鑑あったな。」
徳井「そらお前放送局やもん。あるよ。」
福田「はあ~~。そうか。」
徳井「これがコズロースキー。」
福田「帽子深かぶりすぎやん。ほんま。」
徳井「はははは。」
福田「顔ようわからへん。」
徳井「これもう入団の時のあれやね。」
福田「もうちょい浅かぶれよ。」
徳井「ちゃんとした宣材写真風な感じやから。」
福田「目元がようわからへん。影になって。」
徳井「う~~ん。5500万ですからね。」
福田「えっ?2500万?」
徳井「5500万。」
福田「5500万!?ああすごいな。そんなに稼いでんねや。」
徳井「2002年。レンジャーズで2試合登板して。」
福田「だけ!?」
徳井「2試合登板しただけで大半がマイナー暮らしに終わったやって。」
福田「よう5500万ももらったなこいつ。すごいな。
我が愛するジャイアンツで5500ってどれぐらいの選手?」
徳井「ジャイアンツの5500?」
福田「5500ってすごいもうてるほうじゃないの?助っ人外人さんで。そうでもない?」
徳井「全然もうてるほうちゃうよ。普通もっとドカンっていう鳴り物入りで入ってくる感じ。
こんなお前あの何て言うんかな『のみの市』みたいなところで買ってきた選手ですから。」
福田「あ~意外とええ器やな~みたいな?」
徳井「そうそうそうそう。」
福田「この器結構ええがなみたいな。」
徳井「そうそう。」
福田「そうやんな。だって2回登板しただけやろう?」
徳井「でゴンザレスで1億2000万ですからね。」
福田「まあまあまあまあ助っ人外人って1億超えるイメージがあるな。」
徳井「巨人の外人でそんな5500万とかそんな人いないと思いますよ。」
福田「ああそうか。全員億超えとるわな。」
徳井「グライシンガー2億5000万ですからね。勝ってるもんな。」
福田「(聴き取れない。)日本人でも5500ぐらいか。」
徳井「木佐貫。」
福田「木佐貫選手?で55ぐらい?」
徳井「5600万。」
福田「100万勝ってんねや。ま~そんなシーボルやったっけ?」
徳井「コズロースキーですよ。シーボルはもう終わったんや。誕生日。」
福田「(コズロースキー)の誕生日。今日は。」
徳井「ええ。」
福田「他有名人いるやろう?なんぼでも(今日)誕生日の。」
徳井「いや今日はコズロースキーだけですやん。」
福田「野球選手ちごてええねんて。誰でもええ。今日誕生日の有名人。」
徳井「いやいや今日はコズロースキーだけです。」
福田「だけなん!?」
徳井「はい。有名人の中ではね。」
福田「だけなん!?」
徳井「うん。」
福田「なんちゅう(聴き取れない。)」
徳井「お祝いしとかんとみんなもう気持ち悪いからね。
『えっ?何で祝わへんの?』みたいになるから。」
福田「ならへんて!何か日本代表の選手とかでいーひんのかいな。今日誕生日の人とか。」
徳井「いないですね。」
福田「いーひんの?」
徳井「はい。」
福田「へ~なるほどね~。」
徳井「ということでございますよね。」
福田「すごいな。この選手名鑑って。」
徳井「選手名鑑おもろいよ。」
福田「審判員の横顔って何やねんこれ。」
徳井「何ですか?それ。」
福田「審判員の横顔って顔正面で撮ってるやん。これ。」
徳井「そういう意味の横顔じゃないわけやから。」
福田「審判の人も全員載ってんねや。」
徳井「載ってんねんな。でも昔の選手名鑑のほうがおもろかってんけどな。
乗ってる車とか全部載ってて。」
福田「あっそうなんや。」
徳井「そうそう。『こいつ意外にベンツ乗っとんのや。』とか
『あれっ?こいつ国産車派か。』とか。」
福田「そんなんも載ってたん?」
徳井「そうそう。最近あんまり何かこう個人情報であれで載ってないねんけど。」
福田「ほんまや載ってないな。」
徳井「それ載ってる時の巨人の選手の乗ってる車を見た後の
広島の選手の乗ってる車を見たら」かなしなったな。」
福田「はははは。」
徳井「『えっ?』っていう。」
福田「大半がやっぱマツダの車?広島の選手は。」
徳井「でも意外と何かねそうでもなかったですよ。『ええんやん。』みたいな。
『マツダ以外の車買ってもええんや。』みたいな。」
福田「へ~。すごいな。ほんなけど好きな人は持ち歩いてはるもんな。」
徳井「ねえ。毎年ちゃんと買ってね持ち歩いてますよね。」
福田「へ~。面白いな~。」
徳井「ええ。」

(10分ぐらい経って。)

福田「というわけでお送りしておりますチュートリアルのオールナイトニッポンRでございます~。」
徳井「倉のデコのしわふっかっ。」
福田「誰やねん倉って。」
(助け舟のスタッフさんの笑い声。)
福田「誰?」
徳井「倉。」
福田「倉?」
徳井「キャッチャーの倉のな。」
福田「ああ広島の選手かいな。」
徳井「デコのしわ改めて見たら深いなと思って。」
福田「改めて見たこともないからようわからんけどやな。」

※さらにしばらくして「愛知の」コズロースキーからメールが来ました(笑)
4月5月と土曜日の試合は勝ってラジオ当日や前日が選手の誕生日だったのでお祭りでしたが
今回は中止の上一番近いのが2日前の齋藤だったのでなかなか話題に上りませんでした。
これまでの記録(?)である高橋祭りの3時26分を過ぎても始まらず
もうないのかと諦めていたところ予想もしないことをきっかけに始まりました。

※普通の福田は好きですがこの時はかなりムカつきながら聴いておりました。
広島の話になった途端声のトーンがあからさまに下がったので。
(たぶんネタやキャラではなく素だと思われる。)
3時33分過ぎからスタート。約3分です。

徳井「可能性はゼロではない~。
はい。その名の通り可能性はゼロとは言えないギリギリの可能性のあることを
書いてきてもらうコーナーです。」
福田「ん。」
徳井「ということでね。え~この世にゼロなんてものはない。
そういうね。え~コンセプトのもとやっておりますけども。」
福田「うん。」
徳井「毎回ほんとに見事なね加減のね『あ~~ゼロじゃないな』っていう。」
福田「いやもうゼロの話しかきーひんやんけこのコーナー。」
徳井「微妙なところをついてきてくれますよね。」
福田「ゼロの話しかきーひんやんけ。もう。もうええわもう。ええわ全部ゼロやし。」
徳井「ゼロで思い出しましたけどもね。」
福田「うん。」
徳井「あの~先日ついにあの~広島の前田健太投手がね。
7回まで7回0点に抑えて初の勝ち星をあげるという。」
(いつものファンファーレ。)
徳井「おめでとうございます!前田健太2年目。良かったですね。」
福田「中途半端やわ。もう完封せーや。」(完投はしてないけど本人は完封してますから。)
徳井「7回までお前ノーヒットノーランピッチングですよ。」
福田「(聴き取れない。)それやったら俺もすごいなって。中途半端やわ。打たれてんやろう?」
徳井「いやあれ打たれて止まったんでしたっけ?
(広島ファンであるスタッフに確認する言い方。)
まあちょろっと危ないかなってなったんですよね。
ヒット2本打たれて8回抑えて?あっそっか。あっそっか。8回まで投げたんや。
んで7回までノーヒットノーランピッチングで。」
福田「打たれてるやんけ。打たれてるやんけ。」
(スタッフの笑い声。)
徳井「お前な。2年目の20歳のな。男の子やで。」
福田「うん。」
徳井「前田健太くんは。」
福田「うん。まあ男性な。」
徳井「それが7回までノーヒットノーランで来て。」
福田「うん。」
徳井「で8回いうたらまあ8回まで投げて2本だけのヒットで。」
福田「打たれてんねやろう。けど。」
徳井「いやいやそれはもうええやん。そんで。」
福田「ノーヒットノーランちゃうやん。中途半端やんけ。
あえて言わんでええやろそんなもん。」
徳井「お前。」(声のトーンが下がって怒り気味)
福田「ゼロちゃうやんけ。2打たれとるやんけ。お前。ゼロでも何でもないやんけ。お前。」
徳井「前田健太。」
福田「こんなとこに何も関係ないやんけ。2打たれとんの。」
徳井「お前前田健太の頑張りを無にする気か。お前。」
福田「無にはせーへんよ。無にはせーへんけどこのコーナーとは関係ない。」
(徳井かぶり気味で。)
徳井「あ~そうですか。お前はもう二度と広島には行けへんよ。」
福田「行かへんよ別に。」
徳井「かちこまれる(?)ぞ。広島のみんなに。」
福田「何にやねん。俺広島ファンじゃないから。」
徳井「ついで永川の100セーブもね。これはもうおめでたいことです。本当に。
ということでね。え~まあ100にはゼロが2個ついてますからね。
このコーナーにピッタリだと思います。」

そして40分以上経ってラジオネーム「シーボル」さんからのメールに。
徳井「シーボル選手ね。前回オールナイトニッポンのほうでもね
誕生日おめでとう言ったんですけどもね。直後に故障しまして。
一旦2軍に落ちて1軍に帰ってきましたけどもあの今芳しくないです。シーボルが。」
福田「調子悪いんや。」
徳井「はい。ほんでブラウン監督は次の外人見つけるって言ってます。」
福田「もうシーボル~。お祝いしたのに。せっかくおめでとうって言って。」
徳井「ちょっと頑張って欲しいですね。シーボル。
オールナイトニッポンRは全力でシーボルを応援します。」
福田「お前だけや。」
徳井「オールナイトニッポンシーボルです。」
2007.12.29 ちょっと宣伝
チュートリアルの徳井が広島ファンだとどれぐらいの方がご存知かわかりませんが
こんなものを見つけまして。
http://jp.youtube.com/watch?v=i8TTbxg0NVY&feature=related
2分40秒過ぎから(個人的には非常に)テンションの上がるものをお召しです。
宜しければ観てみて下さい。内容は何の関係もありませんが。

サンフレおめでとう!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。