上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.08.04 三日目
10時頃にチェックアウトしてドンキホーテにカツゲンを仕入れるために寄った。
前は98円じゃなかったっけと悔しく思いながらノーマル1リットルを2つと
青りんご1リットルを1つとノーマル500mlを1つ。
3.5キロ増えた荷物を持って汗だくになりながら根性で歩いて駅へ。
そして3回目のリトルスプーン。今回はノーマルと辛口のハーフ&ハーフに。
しばらく食べられないのでいつも以上に味わって食べた。
大荷物でうろうろする気力もなかったのでリンクを手に入れて早々に空港へ。
1時間半ぐらい前について身軽になってお土産を見ていると電話が。
一日目に会ったおじちゃんから。別れ際に見送りに行くからと言われたんだけど
冗談だと思ったし断ったのにおばちゃんと一緒に本当に来てくれた。
おまけにお土産までもらってしまって。また会いに行くね。ありがとう。
ということで近年の4回のうちで一番充実した旅行だったけど
まだまだ満足はしていないのでまた来年行こう。
スポンサーサイト
5時過ぎに起きて早速カツゲンを飲みながらのんびり。
部屋の写真を何枚か撮って6時半過ぎに出た。
そしたらすすきのが似合う若者が結構たくさんいましてね。
当然早起きして今から遊びに行きましょうじゃなくて
夜通し遊んで今から帰ろうとしているかもう一軒行こうかの人々。
日曜日だからなのもあるんだろうけどパワフルだこと。
時間がもったいなかったので今日は200円払って地下鉄で札幌駅へ。
7時21分発のオホーツク1号で旭川に向かった。
超割を使うと北海道は一日3000円でJRの特急自由席が乗り放題なのでそれで。
8時58分に着いてバスが9時10分発。駅から近いとは聞いていたけど
初めて行くところだったので念のため走ったら確かに近かった。
30分弱かかって着いたところは「旭山動物園」。
開園から10分経っていないのに入園するのに行列が…
ここでかよ!と思いながら列の長さに比べれば割とすんなり入園。
おすすめ通り反時計回りで行こうと思いととりの村からスタート。
次が第一関門のペンギン館。入ってすぐにあるのがトンネル。
本当にめっちゃすごい速さで泳いでました。写真が追いつかない。
でも次から次に人が来るのであまり立ち止まっていられないし
係員さんに催促されるのでゆっくりとは見られず…

次はあざらし館。一番人気とも言える円柱のトンネル?
ちょうど入った時遠くに下っているあざらしが見えたので
うぉーと思いながら近づこうとするも人垣が何重にもなって大変。
それに当然あざらしの気まぐれでいつ上下するかわからないので
その人垣がなかなか崩れない…
私は10分ぐらい待って目の前で2度見ました。迫力◎。

次はほっきょくぐま館。目の前にドボンは残念ながら見られず。
暑いのにうろうろうろうろしていたんだけど落ち着きのない動物?

他は丹頂鶴・トナカイ・ホロホロ鳥・くじゃく・オランウータン・チンパンジー
カピバラ・ダチョウ・ペリカン・キリンなどをさっと見つつお土産を買ってさようなら。
所要時間約2時間半。そこまで広いと思わなかったし
ゆっくり見たつもりもなかったけど思った以上に時間がかかったなと。
今回は仕方なかったけど開園してすぐの時間に行っちゃダメだね。
来年にでもリベンジします。今度は冬希望。

駅前に戻って2つ目の目的を果たす前にお昼ご飯。
ジュンドッグを見つけることが出来なかったので
マイミクさんに教えてもらった「梅光軒」へ。(ラーメン屋さん)
13時頃着いたんだけどここでも行列が出来ていて
席に着くまでに約30分。そしてさらに10分ぐらい待って食べることが出来た。
頼んだのはしょうゆラーメン700円。旭川と言えばしょうゆなので。
大きなチャーシューが3枚にメンマにねぎ(失敗)とシンプル。
感想はしょっぱくて麺が重い。悲しいかなとんこつを食べ慣れてしまっているので
全てにおいて違和感とまではいかないけどんーと思ってしまった。
みそにすれば良かったのかな…
そんな梅光軒さんのおにーさんの一人がかなりクレバーな人で。
並んでいるグループごとに注文を聞いて席に着きそうなころにオーダー。
紙に書くでもなく覚えて注文が何組分になっても絶対に忘れない。
途中注文が変わっても笑顔でオーダー変更。そして!英語もOK。
お勘定も記憶からいくらかをすぐにはじき出して前かけからさっとお釣りを取り出す。
パタパタママの下畑に似てたかな。(知ってる人います?)

そして2つ目の目的のためすぐ目の前のスーパーへ。
友達から美味しいみそラーメンのお店があると聞いて以来
札幌に行く度に食べていたんだけど旭川が本店なのでお土産用が
通販以外でも何とか手に入らないものか電話したらスーパーに卸していると。
というわけで行って参りました。ラルズマートエムカツ店。
聞いていたものと若干違ったけど無事入手。感無量。
カツゲンとともに日常で手に入れられる状況。裏山。
ちなみに「よし乃」というお店で札幌は駅地下のアピアにあります。
http://www.asahikawa.co.jp/すごいURLだ(笑)
時間がなかったので丸井にも西武にもエスタにもよらずにさようなら。

そしてそして今回のメインイベントと言ってもいい第2の故郷へ。
特急で約1時間の美唄というところに2年住んでいて
昨日行った第1の故郷千歳とともにずっと行きたいと思っていた。約30年ぶり。
炭鉱で栄えた街なのでずいぶん寂しくなったとは聞いていたけど
行きたいところに向かっている途中北海道の大動脈とも言える国道がすかすか。
すれ違った人も10人にも満たない。みなさんどこへ?
福岡と変わらない暑さにヘトヘトになりながら歩くこと約20分。
着いたのは住んでいた団地。自衛隊員のための官舎。
最初はこんなのだったっけ?と思ったけどしばらく見ていると懐かしくなった。
関係者以外立ち入り禁止なんだけど堂々と入って全体や住んでいたところをパシャリ。
さすがに建物の中に入る勇気まではなかった。
ひとつこぼれ話?をすると4棟あるんだけど1と2はヒラ用で3と4は幹部用。
3・4年生だった私は当然そんなことを知る由もなく(我が家は2棟)
同じクラスの男が私の家に遊びに来たらお前んち狭いとのたまいやがって。
建物自体同じ大きさだけど入口が1と2は4つ3と4は3つ。ゆとりが違うわけ。
幼心にこんなことがあっていいのかって傷つきましたね(笑)
裏にある美唄川の土手で冬ミニスキーをしていたので行ってみると軽く立ち入り禁止の看板。
同じく軽く無視をして進むとブルドーザーがあって整備している様子。何をしてるんだろう。
そんなこんなで20分ぐらい懐かしんで別の道で戻ることに。
この道は大きな通りに出るまで一直線でじゃり道だったのに!
舗装されて(当たり前だけど)しかも途中から分かれ道に!
そして懐かしの「コアビバイ」。
おおげさだけど当時は今で言うジャスコやゆめタウンのような感じで画期的なものだった。
でもさすがに寂れてしまって近所の寄り合い場みたいなものになっていた。
軽く回ってジュースを飲みながらのんびりしていると電車の時間がもうすぐ。
慌てて走ったのにあると思っていた電車がなく30分待つはめに。
近くのスーパーでカツゲンが98円なのを見て羨ましさのあまり悲しくなりながら札幌へ。
自転車を貸してくれるところを見つけたんだけど日曜日は休みだったので次回は土曜日に。
出来ればまた来年行きたい。

札幌に戻ったのは18時過ぎ。さすがに疲れたので地下鉄に乗って
夕食は昨日に引き続きリトルスプーン。何回食べてもうまい。
2007.07.26 一日目
前日北海道で最初に住んだところでお世話になったおばちゃんに電話をした。
高校の修学旅行で見送りに来てくれた時以来20年会っていなかったので
是非会いたいなと思っていたらおいでと言ってくれて。
そしたらその娘さん(幼なじみ)が仕事が休みで空港まで迎えに来てくれることに。
お昼頃に会う約束をして10時過ぎに着いた私はまずじゃがポックルを受け取りに行った。
二ヶ所電話で取り置きをしてくれるところを知っていてまずは一ヶ所。
まだまだ時間があったので他のお店をうろうろしているとじゃがポックルを手にした人が!
最終日にあと3個確実に手に入れられるのに
その光景を見た私はそのお店の中に!しかし残念ながら時遅し。
あと一ヶ所同じ状況に遭遇してもう無理かと思っていたら
一番端のお店でちょうど入荷したところに遭遇!2箱思わず買っちゃいました。
このお店もものの5分もせずに完売するし
他のお店では入荷予定を案内すると30分ぐらい前から列が出来始めて
どれぐらいの人が手に入れられたかわからないけど
最終的には30人以上並んでたんじゃないかな?
少しは落ち着いたと思っていたのに余計手に入れにくくなってるね。
他にビールとわかさいもと美冬とトマトゼリーを買って家に送った頃
電話がきたのでしばらく待っていたらまずおばちゃんの顔が。
てっきりその子しか来ないと思っていたからびっくり。
おばちゃんは変わってなかったけど幼なじみはすっかり大人になっちゃって。
最後に会った時は中学生だったのに30超えてるんだもの(笑)
でもおかっぱがパーマをかけて化粧をしてても面影はしっかりあった。
涙の再会?もそこそこにお昼を食べようという話になって外へ向かうことになり車へ。
乗ってびっくりしたことがあったんだけどその話はまた別に。

どこに向かうのかなーと思っていたら2人が日航にしようやーと話しているので
そんな高いところ払えんわ!勘弁して!と思っていたのに
私の気持ちは無視されて見事その中の立派な和食屋さんに入ることに。
いただいたのはひぐらし弁当のほう。
あんまり露骨にお金がないって言うのも情けないので
心で泣きながら何でもいいよーと言ったら高いほうになっちゃった。
色々懐かしい話をしながら楽しくいただいてすごく美味しかったんだけど
最後のハスカップシャーベットにやられてしまった。
住んでいた頃毎日のように母親に砂糖に漬けたものを飲まされて嫌いになって
出来れば避けたかったんだけど久々でもダメなものはダメでした。
結局おごってもらうことになって申し訳ないことをした。
でもお昼からホテルで食事なんて一般人でもすることなの?私が貧乏なだけ?

家に向かう前に住んでいたところに連れて行ってもらった。
私の家は30年前すでにあばら家だったので当然残っているはずもなく
小さなアパートに変わっていた。
目の前のグラウンドはパチンコ屋さんの駐車場になっていてがっかり。
他もずいぶん変わってしまったけど友達の家はそのままだし
小さな坂や道は昔の感じがなんとなく残っていて嬉しかった。
他に幼稚園と小学校にも行った。車なのもあっただろうけど
ずいぶん遠いと思っていたのにあっという間に着いたから
多少は大人になったってことかなと思ったり。
インディアン水車(時期はずれで跡形なく)の周りをちょっと歩いて
車窓から全国的に有名になったお菓子のもりもとの本店を見て
グリーンベルトを見て商店街を見ていよいよ家へ。とても綺麗。
まさしく住宅街という感じで大きなスーパーもJRも近いし便利。
さっそくくつろいでいるとおじちゃんが!30年ぶりですよ。
もう何もかも懐かしくて色々な話に花が咲きました。
忘れていたことを思い出したりうなずくこともあったり楽しかったなぁ。
心残りは弟がいたにもかかわらず出てきてくれなかったこと。恥ずかしかったらしい。
別に私が20のかわいいおねーさんじゃあるまいし何を恥ずかしがることがあるんだか(笑)
それに幼稚園生だったから覚えてないだろうに。
恵庭まで送ってもらってお別れ。もしかしたら話がうまく出来ないかもと思ってたんだけど
そんな心配は必要なかった。(と思ってるのは私だけかも)
来年また行くから時間が合えばよろしくね。

札幌に着いたのは17時過ぎ。恵庭で待っている時雨も降ってすごく寒かったから
何か羽織るものを買わないといけないかと思ってたんだけど
こっちはそれほどでもなくリトルスプーンで腹ごしらえをして
歩いてすすきのに向かうことにした。200円がもったいなかったので。
ゆっくり歩いたのもあるけど40分近くかかりました。
泊まったのは「ウィークリーさっぽろ」すすきのでも中島公園寄り。
周りがテレクラとラブホだらけなんだけど全く気にならず。
受付がややいかがわしく思える雰囲気だったけど(笑)
建物の入口はオートロックで無料で使えるパソコンが1台あり。
私の泊まった部屋は8畳で\4410。1口ヒーターつきの小さなキッチンに
冷蔵庫・炊飯器・電子レンジ・空気清浄機・食器・コップ・おはし
大小のタオル・体用のタオル・歯ブラシ・シャンプー・リンス・バスローブと何でもあり。
テレビは地上波の他にBS1とWOWOWとGAORAとANIMAXとJCOMが映りました。
スーパーにジンギスカン屋さんにラーメン屋さんに食べ物屋さんもたくさんあるし
今回はお世話にならなかったけど次回は是非。定宿決定かな。
一息ついてカツゲンを買いに行って横になってサッカーを観ていたら寝てしまって
気づいたら夜中になっていたのが残念。0時頃のすすきのを歩きたかったのに。
2007.07.23 またね北海道
友達のおじちゃんとおばちゃんが見送りに来てくれた。
なまら嬉しい。ありがとうね。
また来年行くから宜しくね。
2007.07.23 誕生日なので
Link Porno Graffitti
リンクを北海道民御用達の玉光堂で買った。
我慢して今日まで買わなかったのはこんな大したことのない理由。
他の2曲はどんな感じか知らないけど好きだといいな。
とても名残惜しいけどただいま空港へ移動中。
ありがとう北海道。
なので駅近くのボウリング場に行ったんだけど
「一般の方は\550」ですと言われたので諦めた。
すぐ隣ではどこかのプロレス団体の大会があっていて
色々な声やリングに落ちる?音が聞こえて迫力があった。
健介くんもいたらしい。見たかった。夫婦揃って好きなので。
2007.07.22 第二の故郷
JR美唄駅
これから散策。暑い。
特急オホーツク1号
サッカーが延長になった頃から記憶がなくなって気づいたのは2時頃。
面倒だったのでそのまま布団の上で5時まで睡眠。お散歩ならず。
今からカツゲン180mlくんとともに某所へ出発です。どれだけ好きなんだか。
カツゲン
泊まるところの右も左もラブホ。そしてコンビニのレジ横には堂々と風俗雑誌。
まあ私がそういう状況下にいても心配?してくれる人は誰もいないけどなかなか楽しい。
遅い時間に余力があれば散歩してみようかな。
カツゲンが当たり前に売られている日常。裏山。特売に比べて\50ぐらい高いのが残念だけど。
2007.07.21 寒い
JR恵庭駅
雨です。みんなほぼ長袖です。20度もありません。
2007.04.27 三日目
新大阪のような大きな駅ともなると出入り口近くのコインロッカーは満杯で。
仕方なく降りて探していると「携帯電話が鍵の代わりになります」ロッカーを発見。
先客がいたけど空きがあったので使ってみた。
指定の番号に電話して携帯の番号と使いたいロッカーの番号を押すだけ。
3時間100円なんだけど9時間になる手前で出せたので200円でラッキーだった。

復習の意味を込めて心斎橋でカラオケ屋さんに行った後
お昼ご飯屋さんをどうしようとキョロキョロしていたら
パスタやドリア屋さんがあったので入ってみることに。
去年出来たばかりのお店なんだけどドリアが399円だったっけ?
何でもかんでも安くて軽くドン引き。
いつものことながら期待せずに食べたら普通で安心。
特に見るものもなかったので今日は地下鉄で向かう。
グッズは外で並ばずにすんなり買えました。
(相葉ちゃんのうちわ&トートバッグ)
ペンライトはお昼過ぎには売り切れたらしく
そんな大したものじゃないのにー感が拭えないまま中へ。

昨日と縦も横もほとんど変わらない席。
隣は7歳の女の子がお母さんと一緒に来ていて
2人とも松潤ファンだったので静かな闘志を燃やす(笑)
そして本日の最強さんは後ろの2人組。
始まる前だからいいんだけどとにかく声がデカい。
大阪界隈の人みたいだけどはっきり言うと関西の言葉が嫌いなので
勢いも含め恐怖すら覚えましたよ。(もしかしたら1人だけかも)
松潤と櫻井のファンで始まると「潤くん翔くんかっこいいー」の連発。
相葉ちゃんと大宮が来ても声かけず。
挨拶中でもとにかく「潤くんーー翔くんーー」ってうるさいんだよバカ。
掛け声もデカけりゃ歌う声もデカいわで5人の声が聴こえやしない。
露骨に耳をふさいでも当然私を目にすることはなく最後までこの調子。
いつかせめて前後左右ぐらい「普通の人」に会いたい。

今日面白かったのは藤崎マーケット。(のネタ)
お笑いに興味がないのでネタをやられても当然知らなかったし
帰って調べてこんな人たちなんだってわかった。
でも本人は正直面白くないと思うけど(笑)
アンコール前に出て昨日のお店に顔を出してみた。
相葉ちゃんのうちわをさやかさんに見せたかったんだけど
天敵さんしかいなかったので挨拶をして駅へ。
予想より早く着いてしまったのであと1曲ぐらい聴いて良かったかも。
夏はどうなるかわからないけど週末だったらどこか行こうぜ。
2007.04.26 二日目
相方を駅まで迎えに行きホテルへ寄ってすぐJRでドームへ向かった。
10時半過ぎに駅について正面?と思われるところを目指すと
看板を持ったおにーちゃんがこっちですーと誘導していたので
その方向へ行くとすでに列が出来ていまして。
ドームに沿って曲がっているのでどれぐらい並んでいるかわからなかったけど
1時間も待たずに買うことが出来た。(松潤のうちわ・松潤&全員のクリアファイル・トートバッグ)貧乏な私をかわいそうに思った相方が何と松潤のフォトセットとペンライトを買ってくれたー。
感謝カンゲキ雨<(_ _)>
入場前にパンフレットを買ってしまった…

食事をどうしようかと地図を見たらびっくりドンキーがあったので探したけど見つからない。
おかしいなと思ったらトンカチしているところにあったことがわかってがっかり。
和食屋さんがあったので20分ぐらい並んで日替わり定食にした。
サーモンと海老といかのお刺身にうどんにかきあげに白菜のお漬物に
ご飯とお味噌汁で780円だったかな?美味しかった。
川沿いにベンチがあったのでタバコを吸いながらボーッとしてたんだけど
寒くなってきたのでドーム近くに移動。
お世話になっているブロガーさんにチケットをもらって
「相葉ちゃんによろしくー」「松本さんによろしくー」とお話していよいよ中へ。
福岡ドームを知っているので特に驚きはしなかったけど困ったのがトイレ。
とにかく箇所も数も少ない。両側から入れるんだけど譲り合いをしないと
どちらかの列が全然進まないこともあるわけでね。
こういう場合は絶対どこかの男子トイレも使えるようにしないととんでもないですよ。

肝心のコンサートですが。(以下ネタバレ&恒例の文句です)
2007.04.24 一日目
京都に費やした日。行きたいところが5ヶ所ありました。
どの交通機関を使って行くかギリギリまで悩みながら
一番融通がきいて京都バスにも乗れる阪急を使うことに。
新大阪で降りてホテルに荷物を預けてダッシュで大阪駅へ。
フリーキップを買って梅田を出発するまでその間40分。
電車の中でもどこを一番に行くかで悩みまくり。
本当は鈴虫寺が良かったんだけどどれぐらい時間がかかるか予想出来なかったので
まずはおばんざい屋さんへ行くことにした。
河原町で降りて地図片手に歩くこと10分弱。
この角を曲がれば着くという時にクローバーマークのタクシー発見。
これが京都で数台しか走っていない有名なタクシーか!と写真と撮る。
が。食べ終わってもすぐに何台か見たのでおかしいと思ったら
珍しいのは四葉だったのね。そうだよね。おバカでがっかり…
お店に着いたのが12時前。ちょっと緊張しながら玄関を開けるとCLOSEの文字。
人が来たので何時頃開きますか?って聞いたら怪訝な顔をされたから
はい?と思ったらCLOSEにしていたことを気づいていなかったようで
すみません開いてますよーと中に通してもらった。
ランチタイムは1時間の制限で15種類ぐらいのおかずと玄米ご飯と
具の入っていないお味噌汁が食べ放題で1000円。
早速ご飯とお味噌汁と5種類ぐらいのおかずを取って食べてみたら…
残念ながら口に合わず。素材の味を生かした薄味(と言うより味がしないぐらい)だったので
甘くて濃い味が好きな私はダメでした。
そして何よりダメだったのが玄米ご飯。匂い含めて全くダメ。
良く考えたら玄米茶もダメなことに気づき。
でも前もって全部知っていたのでもちろんガッカリすることはなく
京都らしい風情の中で食べられたことは良かったかなと。
約40分500円分も食べないぐらいでお暇しました。
ちなみにココ

次こそ鈴虫寺と思っていたんだけどお店に電話したら17時までとのことで
いつ戻って来られるかわからねーということでそちらに先に。
フリーキップを買った時にバスの路線図をもらってしっかり見ればいいんだけど
なかなか複雑なもので簡単に把握出来ず来たバスに乗ったら30分近くかかりまして。
途中で乗り換えたらもっとスムーズに行けたのに…
そこはこんなお店
金平糖が好きなわけではないけど日本でただ一軒と聞けばね。
修学旅行生も来ていてさすが有名なお店だなーと思いつつ見ると
私が目当てにしていた小袋が5種類しかない。苺・めろん・バニラ・サイダー・桃。
期間限定物でも究極物でもないから全種類あると思ったのに。
端午の節句用に兜と合体した巨峰(食べたかった)に
5種類以外の味が数種類詰めのものや色々あったんだけど何せ高い。
ちょーっとしか入っていないのに2000円とか3000円とか。
だいたい小袋も504円するし。手間がかかるのはわかるけどね。
結局サイダーと桃と期間限定のさくらんぼを買いました。
次に行く時は前もって何があるか聞く必要があると学習しました。

で同じ通りのバスで数箇所先の神社へ向かおうとしたら。
これまた乗ったバスが手前で曲がってしまい面倒だから半分走ったら
思いのほか遠くて15分ぐらいかかりまたもやタイムロス。
それはココ
鞠の守護神をお祀りしていて球技にご利益があるので
父親と友達のためにお守りを買いました。
多少ゆっくりしたかったけどここにも修学旅行生がいてガヤガヤしていたので
さっとお参りしてお守りを買って出た。所要時間約7分。

そしてようやく鈴虫寺へ。
路線として嵐山の奥にあるので1時間弱かかったのかな。
途中結構狭い道が多くてどちらかが譲らないと行けなかったり
先が見えない道には誘導する?係員さんがいたり大変そうだった。
着いたのは15時半頃。バス停からすぐで階段を上ったところにありました。
多いときはバス停まで続くぐらいの勢いで2時間待ちになることもザラらしく
この日は平日だったので前には20人ぐらいだったかな?
入観料を払うために待つだけで済んだ。
知っていたことをその通りに話すんだーと思いながら
お茶と鈴虫入り(嘘)の寿々むしという名のお菓子をいただきつつ説法を聞きました。
終わってせっかくだからと鈴虫の入ったケースをのぞいたらすごいことすごいこと。
1ケースに2000匹ぐらいだったっけ?大きささまざまなのがびっしりで
触角が長いからこれで鳴かなかったらGと変わらねーと失礼ながらゾッとしました。
部屋から出て幸福御守を姉貴と友達の分も一緒に買ってまずはお庭を散策。
と言うほど見なかったけど一番奥からは市内が一望出来ていい景色でした。
最後にお地蔵様にお願いを聞いていただいたんだけど直前まで迷った。
2つあって実はもう1つのほうが切実ではあったんだけど別のほうを。
もし叶ったら本当にすごいことだと思う。

嵐山で途中下車。一度近くのお店に食事に行ったことはあるけど
散策はしたことがなかったので川原でボーっとしてお店をちょっと見た。
ジャニショに行ったらかわいそうな人に遭遇してムッとしたのが残念。
まあ人力車のおにーさんたちの背中が「嵐」一色だったからいいか。

大宮まで出て最後の目的である坦坦麺屋さんへ。
評判のいいお店ってだいたい口に合わないから全然期待していなかったんだけど
うまかった。辛さだけじゃなくて胡麻のおかげで甘さと柔らかさがあって
何とスープを全部飲んでしまった。私にしてはありえないこと。
汁物ってめったなことじゃ飲まないのにしかも全部なんて。びっくり。

河原町に戻ったのが19時過ぎだったので錦市場が閉まっていて
残念ながらお茶とお線香は買えなかった。
八坂神社手前までをうろうろしてホテルに戻ったのは22時近く。
まだまだ行きたいところはあったけど行きたいところには全て行けて満足。
また近いうちに是非。
2007.04.20 本日の行程
阪急電車にて河原町→おばんざい屋さん?でランチ
→金平糖屋さん→白峯神社→鈴虫寺→嵐山(ついでにジャニショ)
→大宮で坦坦麺→河原町~祇園を延々とうろうろ→22時前にホテル。
天気は死ぬほど晴れまではいかなかったけど
とにかく時間に追われて走りまくったので暑かった。
詳細は月曜日以降に。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。