上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
出勤の支度をしながらテレビを観ていたら「神戸が大変なことになっています」
と言うような感じの言葉と一緒に炎につつまれた街が目に入ってきた。
震度の大きさも風景も目にしたことがないもので
時間が経つにつれてさらに拡大する被害と亡くなる方の数の多さに
逆に現実味がなくて同じ日本のこととも思えずに夢だと思った。
福岡ではしばらくするとテレビは普通の体制に戻ったけど
ライフラインや電車の復興状況なんかは一ヶ月は放送された気がする。

日本はいつどこでも地震が起きてもおかしくないけど
福岡はないよななんて思っていたらまさかの西方沖地震。
日曜日のお昼前で2階の自分の部屋にいたらトラックのせいだと思った揺れが
段々ゆっくりだけどひどくなって家が軋むぐらいになって(震度5強)
幸い壁にかけていた時計が落ちたぐらいで何ともなかったけどかなり怖い思いをしたし
福岡市内の友達の家の中はぐちゃぐちゃになったし。
ちょうど一ヵ月後にも割りと大きな地震があったからしばらくはナーバスになった。
身近に起きることとして最低限出来ることをしないとね。

亡くなられた方のご冥福を改めてお祈りします。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。