上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
そもそもは24時間テレビの宣伝が目的での出演です。※約5分間。
向かって左が福田で右が徳井。徳井は非売品(であろう)「鯉」の帽子をかぶっています。
そして2人とも黄色のチャリTシャツ。
※ア1は2人のいる第2放送席のアナウンサー。ア2はメイン放送席のアナウンサー。

ア1「さあ今日はいよいよ今週土曜日に迫りました
24時間テレビの番組パーソナリティーを務めます
チュートリアルのお2人が東京ドームで観戦中です。
徳井義実さん福田充徳さんどうぞ宜しくお願い致します。」
福田・徳井「宜しくお願いします。」
ア1「あの若干もう福田さんの声が枯れ気味なんですけれども。」
福田「はい。」
ア1「それは何故でしょうか?」
福田「それはジャイアンツを応援してるからに決まってるやないですか。」
ア1「福田さん京都のご出身ですよね?」
福田「はい。」
ア1「でも?」
福田「僕はジャイアンツファンです。」
ア1「なるほど~。ここまでご覧になっていかがですか?試合の流れという点では。」
福田「最初大量リードしていけるかなと思ったらちょっと嫌な流れになりましたけど。」
ア1「ええ。」
福田「越智投手でまた雰囲気一気に変わって
こっから追加点狙えるんじゃないですか。これは。」
ア1「3点入れられた時にはそわっそわそわっそわしてらっしゃいましたけども。」
福田「そうなんですよね。まあけど相手のミスがあったりもして
何か助かった部分もあったんですけどこっからですよ。」
ア1「そしてお隣の徳井さんなんですが。」
徳井「はいはい。どうも。」
ア1「何といっても。どうもこんばんは。爽やかに登場なさいましたけども。」
徳井「どうもどうも。」
ア1「あの~。あっ。」(坂本のHRで話が中断)
~福田手を叩いて大喜び。徳井かなり不機嫌。~
ア1「福田さんはもう手を叩きまくってますけど。」
福田「やった~追加点。」
~VTRが流れる。~
ア1「あの~若干ですね。このVTRの後ご覧いただきたいのが
徳井さんが非常に静かなんです。」
ア2「あっ何故でしょう?」
徳井「あの~僕思い切りアンチ巨人でして。(若干噛む)」
ア2「ええ。」
徳井「広島カープのファンなんですよ。」
ア2「実は今日徳井さんのかぶってらっしゃるこの帽子ご覧下さい。」
ア1「あっ。」
~解説の山本浩二に向かって。~
徳井「浩二さん!浩二さん!」
浩二「はい。どうもどうも。」
徳井「初めまして。徳井と申します。」
浩二「いや~あの前から知ってました。」
徳井「あっほんまですか?」
浩二「はい。」
徳井「ありがとうございます。」
アナ1「いやもうね。今日この帽子は実は解説が山本浩二さんと知ってそれで。」
徳井「それで一応この帽子を。もうこれは浩二さんいらっしゃるんであれば
かぶっていかなあかんということでかぶってまいりました。」
アナ1「ですよね。」
徳井「でねあの広島の順位を考えるとね。」
アナ1「はい。」
徳井「今日はあのベイスターズのほうを応援させてもらってます。」
アナ1「そうですか。」
浩二「はははは。」
福田「お前まだ上2つ(阪神・巨人)と違ってまだあると思ってるの?広島。(の優勝が)」
徳井「いや全然。」
福田「阪神・巨人は行くよもう。」
徳井「いやいや広島は全然ありますから。」
福田「いやいや。」
徳井「上にヘコんでもらわないと困りますから。」
福田「いやいやいやいやいや。」
徳井「あの横浜にはいくら勝ってもらってもいいのでね。」
ア1「なるほど。ということは横浜を応援することで今間接的に広島を応援していると。」
徳井「そうですそうです。
あとまあ木村拓也選手は一応まだ広島の選手やと思ってますので。
全員「ははははははは。」
福田「もう巨人や。」
~キムタクがアップで映る。~
徳井「あの木村さんだけはまあまあ打ってもらってもいいかなという。」
ア1「ああそうですか。もうあのユニフォームはまだ木村拓也は赤だと。」
徳井「やっぱりね赤のほうが似合うと思うんですよね。」
ア1「なるほどね。」
徳井「はい。」
ア1「ということでご覧のように今日のゲームに対する体温が全く違うお2人なんですが
良くこれでこんなナイスコンビを組んでいらっしゃるなと。」
徳井「はははは。」
福田「まあね野球のチームの好みは違いますけどもね後は全然大丈夫なんで。」
ア1「あのすみません。本題忘れてましたけど
野球というよりも今回24時間テレビのお話をしていただかないといけないんですが。
ということでいよいよ今週末ですけれども
お2人番組パーソナリティーでどういう役割を今回は。」
福田「まあ色んなコーナーやらせてもらうんですけども
高校生ダンス甲子園の司会なんかもやらせていただきまして
もう熱い予選も終わって本戦に出場メンバーが決まって
もうみんながすごい頑張ってるんですよね。
そこらへんの熱さを伝えたいなと思っています。」
アナ1「打ち込む姿というものをね。」
徳井「そうですね。」
ア1「徳井さんいかがですか?」
徳井「はい。もうその通りですよ。」
ア1「はははは。」
福田「楽すんなってお前。何かあるやろう。」
徳井「ちょっともうこれ以上(巨人に)点が入るなって思いしかないです今。」
全員「はははは。」
ア1「だから表情が険しくなってきて。」
徳井「ええ。」
ア1「あの24時間テレビになりますとある日番組パーソナリティーのお2人は
体力勝負ということもありますけども。」
福田「そうですね。」
ア1「その点いかがでしょうか?」
福田「まあちょっと正直僕は体力に自信がないので不安なんですけども。」
ア1「ええ。」
福田「まあねさらに僕より年上ですけども後輩のエド・はるみがマラソンにも挑戦しますんで
あいつが頑張ってるのに倒れるわけにもいかないんで。」
徳井「日本一忙しい熟女が走りますからね。ちょっと負けてられないんでね。」
ア1「日本テレビ史上女性ランナーとしては最も長い距離に挑戦するということですからね。
ある意味ちょっとこう覇気を出していかないと
エドさんの頑張り負けてしまうかもしれないですね。」
徳井「そうですね。」
ア1「あと先程PRスポットをご覧いただきましたが。」
福田「はい。」

~福田・徳井「チュートリアルは誓います。」
福田「24時間テレビが成功したあかつきには。」
徳井「僕が独立します。」~

ア1「あの独立するっていう宣言はあれは嘘ですよね?」
徳井「いやこれはまあわからないですね。蓋を開けてみないと。」
ア1「(爆笑で何を言っているのかわからない。)」
福田「24時間テレビで何をちことんねんお前は。」
徳井「これはやっぱり24時間経ったあかつきにはわからないです。」
ア1「ああそうですか。これが徳井さん的な誓い~一番大切な約束~っていう。」
徳井「そうですね。」
ア1「ああなるほど。」
徳井「はい。まあでも一番はそのクライマックスシリーズ
広島カープ諦めないということが一番の誓い
ですけどもね。」
ア1「ということで今日はわざわざ山本浩二さんのためにこのカープの帽子をかぶってきた
熱狂的なカープファンの徳井さん。(満面の笑み)
そして巨人ファンでこの中継中で気もそぞろの福田さんということで
24時間テレビの本番にはねそのエネルギーを是非番組にぶつけて。」
福田・徳井「はい。」
ア1「期待しておりますので。」
福田・徳井「ありがとうございます。」
ア1「じゃあこの後も当然じっくり観戦を。」
福田「はい。」
徳井「もちろんでございます。」
ア1「ということで第1放送席の新谷さんこちらからは以上です。」
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。