上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.04.24 一日目
京都に費やした日。行きたいところが5ヶ所ありました。
どの交通機関を使って行くかギリギリまで悩みながら
一番融通がきいて京都バスにも乗れる阪急を使うことに。
新大阪で降りてホテルに荷物を預けてダッシュで大阪駅へ。
フリーキップを買って梅田を出発するまでその間40分。
電車の中でもどこを一番に行くかで悩みまくり。
本当は鈴虫寺が良かったんだけどどれぐらい時間がかかるか予想出来なかったので
まずはおばんざい屋さんへ行くことにした。
河原町で降りて地図片手に歩くこと10分弱。
この角を曲がれば着くという時にクローバーマークのタクシー発見。
これが京都で数台しか走っていない有名なタクシーか!と写真と撮る。
が。食べ終わってもすぐに何台か見たのでおかしいと思ったら
珍しいのは四葉だったのね。そうだよね。おバカでがっかり…
お店に着いたのが12時前。ちょっと緊張しながら玄関を開けるとCLOSEの文字。
人が来たので何時頃開きますか?って聞いたら怪訝な顔をされたから
はい?と思ったらCLOSEにしていたことを気づいていなかったようで
すみません開いてますよーと中に通してもらった。
ランチタイムは1時間の制限で15種類ぐらいのおかずと玄米ご飯と
具の入っていないお味噌汁が食べ放題で1000円。
早速ご飯とお味噌汁と5種類ぐらいのおかずを取って食べてみたら…
残念ながら口に合わず。素材の味を生かした薄味(と言うより味がしないぐらい)だったので
甘くて濃い味が好きな私はダメでした。
そして何よりダメだったのが玄米ご飯。匂い含めて全くダメ。
良く考えたら玄米茶もダメなことに気づき。
でも前もって全部知っていたのでもちろんガッカリすることはなく
京都らしい風情の中で食べられたことは良かったかなと。
約40分500円分も食べないぐらいでお暇しました。
ちなみにココ

次こそ鈴虫寺と思っていたんだけどお店に電話したら17時までとのことで
いつ戻って来られるかわからねーということでそちらに先に。
フリーキップを買った時にバスの路線図をもらってしっかり見ればいいんだけど
なかなか複雑なもので簡単に把握出来ず来たバスに乗ったら30分近くかかりまして。
途中で乗り換えたらもっとスムーズに行けたのに…
そこはこんなお店
金平糖が好きなわけではないけど日本でただ一軒と聞けばね。
修学旅行生も来ていてさすが有名なお店だなーと思いつつ見ると
私が目当てにしていた小袋が5種類しかない。苺・めろん・バニラ・サイダー・桃。
期間限定物でも究極物でもないから全種類あると思ったのに。
端午の節句用に兜と合体した巨峰(食べたかった)に
5種類以外の味が数種類詰めのものや色々あったんだけど何せ高い。
ちょーっとしか入っていないのに2000円とか3000円とか。
だいたい小袋も504円するし。手間がかかるのはわかるけどね。
結局サイダーと桃と期間限定のさくらんぼを買いました。
次に行く時は前もって何があるか聞く必要があると学習しました。

で同じ通りのバスで数箇所先の神社へ向かおうとしたら。
これまた乗ったバスが手前で曲がってしまい面倒だから半分走ったら
思いのほか遠くて15分ぐらいかかりまたもやタイムロス。
それはココ
鞠の守護神をお祀りしていて球技にご利益があるので
父親と友達のためにお守りを買いました。
多少ゆっくりしたかったけどここにも修学旅行生がいてガヤガヤしていたので
さっとお参りしてお守りを買って出た。所要時間約7分。

そしてようやく鈴虫寺へ。
路線として嵐山の奥にあるので1時間弱かかったのかな。
途中結構狭い道が多くてどちらかが譲らないと行けなかったり
先が見えない道には誘導する?係員さんがいたり大変そうだった。
着いたのは15時半頃。バス停からすぐで階段を上ったところにありました。
多いときはバス停まで続くぐらいの勢いで2時間待ちになることもザラらしく
この日は平日だったので前には20人ぐらいだったかな?
入観料を払うために待つだけで済んだ。
知っていたことをその通りに話すんだーと思いながら
お茶と鈴虫入り(嘘)の寿々むしという名のお菓子をいただきつつ説法を聞きました。
終わってせっかくだからと鈴虫の入ったケースをのぞいたらすごいことすごいこと。
1ケースに2000匹ぐらいだったっけ?大きささまざまなのがびっしりで
触角が長いからこれで鳴かなかったらGと変わらねーと失礼ながらゾッとしました。
部屋から出て幸福御守を姉貴と友達の分も一緒に買ってまずはお庭を散策。
と言うほど見なかったけど一番奥からは市内が一望出来ていい景色でした。
最後にお地蔵様にお願いを聞いていただいたんだけど直前まで迷った。
2つあって実はもう1つのほうが切実ではあったんだけど別のほうを。
もし叶ったら本当にすごいことだと思う。

嵐山で途中下車。一度近くのお店に食事に行ったことはあるけど
散策はしたことがなかったので川原でボーっとしてお店をちょっと見た。
ジャニショに行ったらかわいそうな人に遭遇してムッとしたのが残念。
まあ人力車のおにーさんたちの背中が「嵐」一色だったからいいか。

大宮まで出て最後の目的である坦坦麺屋さんへ。
評判のいいお店ってだいたい口に合わないから全然期待していなかったんだけど
うまかった。辛さだけじゃなくて胡麻のおかげで甘さと柔らかさがあって
何とスープを全部飲んでしまった。私にしてはありえないこと。
汁物ってめったなことじゃ飲まないのにしかも全部なんて。びっくり。

河原町に戻ったのが19時過ぎだったので錦市場が閉まっていて
残念ながらお茶とお線香は買えなかった。
八坂神社手前までをうろうろしてホテルに戻ったのは22時近く。
まだまだ行きたいところはあったけど行きたいところには全て行けて満足。
また近いうちに是非。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://blueblue7.blog56.fc2.com/tb.php/377-8a616b1c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。